[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【日本選手権100m全結果】サニブラウンが大会新 桐生が2位、ケンブリッジが最下位

陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表に内定した。前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位だった。

日本選手権出場2大会連続Vを達成したサニブラウン【写真:奥井隆史】
日本選手権出場2大会連続Vを達成したサニブラウン【写真:奥井隆史】

日本記録保持者のサニブラウンが圧倒、復活期すケンブリッジは10秒33で最下位

 陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表に内定した。前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位だった。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 以下が決勝8選手の全着順。

1位サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)10秒02
2位桐生祥秀(日本生命)10秒16
3位小池祐貴(住友電工)10秒19
4位飯塚翔太(ミズノ)10秒24
5位多田修平(住友電工)10秒29
6位坂井隆一郎(関大)10秒31
7位川上拓也(大阪ガス)10秒31
8位ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)10秒33

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集