[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完敗の桐生祥秀は淡々「僕の力不足」 サニブラウンとの差は「後半の伸びを…」

陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾り、世界選手権の代表に内定した。一方で、前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)10秒16で2位。サニブラウンには0秒14差の完敗だった。

桐生祥秀(左)はサニブラウンに次ぐ2位でフィニッシュ【写真:Getty Images】
桐生祥秀(左)はサニブラウンに次ぐ2位でフィニッシュ【写真:Getty Images】

0秒14差で2位の桐生が敗戦の弁

 陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾り、世界選手権の代表に内定した。一方で、前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)10秒16で2位。サニブラウンには0秒14差の完敗だった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 サニブラウンの強さだけが際立った。ライバルと目された桐生は最後まで差を詰めることができなかった。

 レース後は史上初の“9秒台対決”を振り返った。「昨日よりは集中できたかなと思います。走り的には、まだまだ物足りない部分もあるけど、いつもは100メートル走るところだけお客さんがいるんですけど、今日はバックにもたくさんの方々がいて楽しかったですし、こうやって陸上界が盛り上がってよかった。2番になったってことはポイントを稼ぐしかない。しっかり稼いで世界選手権の内定を勝ち取りたい」。悔しさを押し殺し、努めて冷静に回想した。

 そして現状でのサニブラウンとの差については、「負けたということは、まだまだ僕の力が足りてなかった。そこはまだ行けると思うし、行けると思わないとここから先成長しない。後半の伸びをしっかりしないとサニブラウン選手のようになれない」と淡々と語った。

 だがまだ、世界陸上へ、来年の東京五輪へ向けて時間は残されている。「次の日本選手権で東京五輪が決まるので、またハキーム君とかいろんな選手が伸びてくると思うし、僕も何か成長したいなと思います。こういう名を残すような勝負でハキーム選手も準決勝から10秒0台で来ている。勝つためにはもっと自分の集中力を上げたいなと思います」と先を見据えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集