[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン、大会新10秒02でVも… レース後は苦笑い「なんとも言えないタイム」

陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表内定となった。

日本選手権出場2大会連続Vを達成したサニブラウン(右)【写真:奥井隆史】
日本選手権出場2大会連続Vを達成したサニブラウン(右)【写真:奥井隆史】

桐生は10秒16で2位、小池が10秒19で3位

 陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表内定となった。前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位だった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 1万3000人大観衆の前で主役になったのは、やはりサニブラウンだった。スタートからリードを奪い、最後までセーフティーリードを保ったまま、ライバル桐生に0秒14差をつけ圧倒する走りだった。

 それでもレース後は満面の笑みとはいかなかった。「まぁ、まずまずの走りだったのかなと。内容的には準決勝の方がいい走りだった。それでもしっかり集中してやるべきことやって、レースには勝てたので満足です」と振り返り、「なんとも言えないタイムです。まだまだ道のりは長いので、しっかり体休めて体作りなおして、課題もあるので、修正して万全の態勢で挑めると思います」と世界陸上を見据えた。

 サニブラウンは18歳で出場した2017年大会では100メートルと200メートルで2冠を達成。同年秋から米フロリダ大に進学し、拠点を米国に移した。今年5月には追い風1.8メートルで9秒99をマークすると、今月7日の全米大学選手権で9秒97(追い風0.8メートル)をたたき出し、桐生祥秀(日本生命)の持つ日本記録を0秒01更新した。今大会、桐生とは2年ぶりの直接対決で、日本初の9秒台選手同士の争いだった。

 28日に200メートル予選、29日に同決勝が行われ、2冠と出場2大会連続Vがかかる。

【決勝結果】

1位サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)10秒02
2位桐生祥秀(日本生命)10秒16
3位小池祐貴(住友電工)10秒19
4位飯塚翔太(ミズノ)10秒24
5位多田修平(住友電工)10秒29
6位坂井隆一郎(関大)10秒31
7位川上拓也(大阪ガス)10秒31
8位ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)10秒33

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集