[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥はドネアをどう見る? KO直後に語った過去の接点「戦いにくいが、そこは…」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回1分19秒TKO勝ち。決勝で5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と激突することが決まった。井上は「まだ一発は重くあるなという印象」と試合後に語った。

井上尚弥とノニト・ドネア【写真:Getty Images】
井上尚弥とノニト・ドネア【写真:Getty Images】

決勝でドネアとの激突決定、試合後にドネアの印象を語る

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回1分19秒TKO勝ち。決勝で5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と激突することが決まった。井上は「まだ一発は重くあるなという印象」と試合後に語った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 井上がバンタム級最強トーナメントの頂点に王手をかけた。2回に3度のダウンを奪い、19戦無敗だったロドリゲスを圧倒。戦意を完全喪失させる圧勝だった。そんな様子をリングサイドで見守っていたのが、ひと足早く決勝行きを決めていたドネア。リングに上がると井上を称え、笑顔でフェイスオフに応じた。試合後、ファイナルの舞台で拳を交える36歳との戦いへ向け、早くも闘志を燃やしている。

 2戦連続の1回KOに続き、この日もわずか259秒で試合を終わらせた井上。「次もきっと……」と秒殺劇の期待が高まる重圧について「次はドネアですよ」と笑顔で交わした。「でも、ここまできたら開き直るしかないですよね」と表情を引き締めた。ドネアと戦う想定はしていたのか問われると「誰が上がってきてもおかしくない。そこまでの想像はしてなかったけど、自分のトーナメントの山を確実に行くだけだと思っていました」と冷静に語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集