[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、「グラスゴーの伝説」に地元英名手ら驚愕「世界王者3人を計4Rで…脱帽だ」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒TKOで勝利を飾り、新たにIBF王座を獲得し2団体王者となった。無敗王者を259秒で破壊したモンスターの恐ろしさを地元・英国ファイターも「PFP最強パンチャー」「脱帽です」「本物のモンスターじゃないか」と絶賛の嵐を送っている。

TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】
TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】

開催地・英国のファイターも驚きの声「本物のモンスターじゃないか」

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒TKOで勝利を飾り、新たにIBF王座を獲得し2団体王者となった。無敗王者を259秒で破壊したモンスターの恐ろしさを地元・英国ファイターも「PFP最強パンチャー」「脱帽です」「本物のモンスターじゃないか」と絶賛の嵐を送っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 圧倒的な強さだった。2ラウンド開始30秒、2ラウンド開始30秒に井上は左のショートフックでロドリゲスからダウンを奪うと、次は右のボディで2度目のダウン。鼻から鮮血を走らせたロドリゲスは茫然自失の表情でコーナーを見つめながら、首を横に何度も振った。そして、3度目のダウンでレフェリーストップ。259秒で事実上の決勝にケリをつけた。

「The Monster」の規格外の強さに地元英国の名手たちもツイッター上で驚きの声を上げている。2013年1月、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に敗れた元ミドル級欧州王者で、現在解説者を務めるマシュー・マックリンは自身のツイッターで「イノウエはビーストだ!!!! ボクシング界のパウンド・フォー・パウンドで最強のパンチャーだ!!」と絶賛した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集