[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

やられたらやり返す!? ハーデン、因縁相手への“反撃”に米注目「これは目のお返し」

米プロバスケットボール(NBA)のプレーオフ、西カンファレンス準決勝第4戦(7回戦制)は6日(日本時間7日)、ロケッツが112-108でファイナル3連覇を狙っているウォリアーズを破り、2勝2敗のタイに戻した。ジェームズ・ハーデンが38得点、10リバウンドを記録したが、現地で話題を集めているのはドレイモンド・グリーンとの“因縁バトル”だ。

ジェームズ・ハーデン(左)とドレイモンド・グリーン【写真:Getty Images】
ジェームズ・ハーデン(左)とドレイモンド・グリーン【写真:Getty Images】

38得点10リバウンドのハーデン、因縁の相手グリーンへの“反撃”が話題

 米プロバスケットボール(NBA)のプレーオフ、西カンファレンス準決勝第4戦(7回戦制)は6日(日本時間7日)、ロケッツが112-108でファイナル3連覇を狙っているウォリアーズを破り、2勝2敗のタイに戻した。ジェームズ・ハーデンが38得点、10リバウンドを記録したが、現地で話題を集めているのはドレイモンド・グリーンとの“因縁バトル”だ。第2、3戦に続き、両者は激しく接触。この日はハーデンがグリーンに肘打ちを食らわせるような格好となり、相手を転倒させるシーンを、ロケッツが動画付きで公開。「これは目のお返し」「報いだ」などとロケッツファンは喝采を上げている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 やられたらやり返す!? 第4戦も両者が激しくやりあった。第3クオーター、残り9分5秒の場面だ。外から3ポイントを狙うハーデンとマッチアップするグリーン。ハーデン跳び上がってシュートを狙ったがところで、左ひじがグリーンの顔面付近を直撃。たまらず倒れこんだが、ファウルはなく、そのまま3ポイントが認められた。

 これが両者にとっては第3ラウンド。第2戦ではグリーンの指がハーデンの目に入ってしまい、目から出血する事態に。続く第3戦でも同様のプレーが続き、ハーデンはダメージを抱える格好となっていた。

 やり返す――。そんな意図があったとは思えないが周囲の見方は違う。米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「For The Win」は「ドレイモンド・グリーンがジェームズ・ハーデンの3ポイントシュートで激しく倒れ、ファンがそれをからかう」と題した記事で脚光を浴びせている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集