[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、「83.97の衝撃」に宿敵ロシア実況席も賛辞「この滑りは絶対に理想的」

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(マリンメッセ福岡)は11日、女子ショートプログラム(SP)でグランプリ(GP)ファイナル女王の紀平梨花(関大KFSC)が衝撃の世界新記録をマークした。代名詞の3回転アクセルを決め、83.97点で1位となった。優勝を争うライバルのロシア実況席も高く評価している。

SP世界新の83.97点を叩き出した紀平梨花【写真:Getty Images】
SP世界新の83.97点を叩き出した紀平梨花【写真:Getty Images】

衝撃の世界新記録、ヤグディン氏も称賛「キヒラはもっと良く滑ることできる」

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(マリンメッセ福岡)は11日、女子ショートプログラム(SP)でグランプリ(GP)ファイナル女王の紀平梨花(関大KFSC)が衝撃の世界新記録をマークした。代名詞の3回転アクセルを決め、83.97点で1位となった。優勝を争うライバルのロシア実況席も高く評価している。

【特集】「自分がそこで負けないこと」 なでしこジャパンで立つ“夢舞台”へ秘める闘志 / 女子サッカー 清水梨紗選手インタビュー(GROWINGへ)

 福岡の地から紀平が衝撃をもたらした。課題だった冒頭の3回転アクセルを着氷。一気に勢いに乗ると、連続ジャンプを含めミスのない演技を披露した。音楽が鳴り終わると同時にガッツポーズを炸裂。感情が行動となって表れた。「83.97の衝撃」に驚いたのは、ライバル・ロシアの実況席だった。

 国営放送で解説を務めたソルトレイクシティー五輪男子金メダリストのアレクセイ・ヤグディン氏は「もし、リカ・キヒラが日本で行われた世界選手権でSPをこのように滑っていれば、全く違った結果になっていたかもしれません」と話し、SP7位と出遅れて4位に終わった前戦を引き合いに出した。

「もちろん、人生において理想的なものというものはないのですが、この滑りは絶対に理想的な滑りに近いものです。もしかしたら、リカ・キヒラはもっと良く滑ることができるのかもしれませんが」とさらなる伸びしろを認めながら、今回は完璧な演技であると称えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集