[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バット犬の仕事を“強奪” KY球審が炎上状態に…「なんてヤツ」「審判史上最低だ」

米大リーグ傘下3Aでの試合で今、大きな話題となっているのが、“バット犬”と審判の関係性だ。バットを片付けようとしたバット犬の仕事を審判が“強奪”。まさかの一幕に球場中は大ブーイングに。この一連のシーンをバット犬「フィン」の公式ツイッターが動画で公開するや、瞬く間に拡散。現在までに360万回以上再生されるなど、大反響を呼んでいる。

米球場ではバットを拾うバット犬やボールを拾うボール犬などがいることも(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
米球場ではバットを拾うバット犬やボールを拾うボール犬などがいることも(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

3Aの試合で球審の行動に大ブーイングが…

 米大リーグ傘下3Aでの試合で今、大きな話題となっているのが、“バット犬”と審判の関係性だ。バットを片付けようとしたバット犬の仕事を審判が“強奪”。まさかの一幕に球場中は大ブーイングに。一連のシーンをバット犬「フィン」の公式ツイッターが動画で公開するや、瞬く間に拡散。現在までに360万回以上再生されるなど、大反響を呼んでいる。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 3Aの試合で審判が集中砲火を浴びている。その理由は……。ワンちゃんにあった。アスレチックス傘下3Aラスベガス・アビエイターズとジャイアンツ傘下3Aサクラメント・リバーキャッツの一戦で“事件”は起きた。

 バット犬「フィン」の仕事はバットのお片付け。この日も普段通り、打者が置いたバットの元に駆け寄って、片付けようとしたその瞬間だ。なんと直前で審判が拾い、逆サイドに投げたのだ。

 すると、フィンの活躍を楽しみにしていたスタンドのファンからは耳をつんざくような大ブーイングが。騒然とした雰囲気となったが、フィンは意に介さずに投げられたバットの元に向かい、咥え上げ忠実に自身の職務を遂行したのだった。

 実際の一部始終を公開したフィンの公式ツイッターにも、ファンからの怒りの声が殺到した。

「なんてヤツだ」
「審判史上最低だ」
「審判さん、あなたは“喜び”を泥棒した」
「フィンはすべての歓喜と愛に値する。反対に審判は…ブー!」
「これ以上ブーイングに値するものはない」
「フィン、彼の名前は何だい?教えてごらん」

 などと審判が“炎上状態”となっている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集