[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、米メディアが予想する指名順位は? 現地記者は断言「間違いなく即戦力指名」

米プロバスケットボール(NBA)のドラフトは6月20日に行われるが、現地では早くも盛り上がりを見せている。ゴンザガ大の八村塁は1巡目指名が有力視されているが、米のメディアは八村の現状をどう分析しているのか。地元紙は現地の有識者の見解を報じている。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

6月のNBAドラフトへ向け、地元紙が現状分析

 米プロバスケットボール(NBA)のドラフトは6月20日に行われるが、現地では早くも盛り上がりを見せている。ゴンザガ大の八村塁は1巡目指名が有力視されているが、米メディアは八村の現状をどう分析しているのか。地元紙は現地の有識者の見解を報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

「ゴンザガのプロ候補、ルイ・ハチムラとブランドン・クラークが専門家から多種多様な意見を引き出す」

 こう題して特集しているのは地元紙「スポークスマンレビュー」だった。同紙は八村とチームメートのブランドン・クラークについて、米放送局「ESPN」のショーン・ファーンハム記者、米放送局「CBS」の解説者ウォーリー・ザービアック氏らの評価を紹介している。

 記事ではまず、八村のシュート成功率が飛躍的に向上したことを紹介。「ハチムラは昨シーズンまでシュート成功率が22.5%だったが、今シーズンは363本のシュートを放ち、そのうちの41.7%を決めた」と伝えている。

「6つのモックドラフト(仮想ドラフト)を見ると、ハチムラとクラークはともに1巡目で指名されると予想しており、そのうち5つでハチムラがクラークよりも先に指名される予想がされている。一つのサイトは、4つのモックドラフトを集めた結果として、ハチムラが全体10位、クラークが全体23位指名としている」

 そんな中で、ファーンハム記者は「ルイは最終的に上位8位で指名されるだろう」と3月上旬に語っていたといい、その根拠として「彼のサイズとボールを持った時のスムーズな動きは、彼を次のレベルに非常に上手く上がる選手にするだろう」と話していたようだ。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集