[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界では「普通」、日本では「異端」 “利き足指導”で磨かれる真のサッカー技術と本能

高崎康嗣は、利き足を武器にしなければ戦えない、という持論が異端だと自覚している。

利き足を武器にしなければ戦えない、という持論が異端だと自覚しているという高崎氏【写真:高崎氏提供】
利き足を武器にしなければ戦えない、という持論が異端だと自覚しているという高崎氏【写真:高崎氏提供】

【元川崎U-12監督が追求する日本サッカー“異端の指導法”|最終回】日本の指導現場に根付く「アウトサイドが雑」という固定概念

 高崎康嗣は、利き足を武器にしなければ戦えない、という持論が異端だと自覚している。

「サッカーはボールを片足で扱うスポーツですよ。両足で扱うなんて歩いているようなもの。全然アグレッシブじゃない。世界を見てください、ボールタッチを数えてみてください、と言いたいですね」

 日本では相手から遠いほうの足でボールを止めようと教わる。インサイドが丁寧で、アウトサイドが雑だという固定概念もある。だが密集した地域で右利きの選手が左足にボールを引き込めば、その分時間がかかる。それに対し、右足アウトで止めれば、そのまま次の動作にもスムーズに入れる。コンマ数秒の差が見事な展開と逸機の分水嶺になる。

「逆足のインサイドで止めれば、ボールひと転がり分だけ展開が遅れ、おそらくミスする確率も高まります。利き足のアウトサイドで止めるのが雑になるかどうかは技術です。ただ闇雲にアウトが雑だと決めつけるなら、そこに技術も判断もなくなります。

 ボックスの狭い中での勝負を想定すれば、技術の集約こそが面白いサッカーを演出します。そこで効果的な攻撃ができないことを戦術論に逃げてはいけない。最初のパスが10cmずれれば、次の人に渡るパスもさらに10cmずれていく。利き足でボールをピタッと止めてつなげていけば、数cmやコンマ何秒の違いを作り出すことができるんです」

 利き足の精度が高まると、守備力も劇的に上がるという。

「自分の最大値を発揮できるのは、利き足の前のポイントです。このポイントで触り、そして置く。同じ場所で触り続けボールを動かしていく。それはインアウトを問わず蹴る動作まですべてつながっていきます。それが熟達すると、相手を見ることができて、予測力も高まっていく。風間(八宏/名古屋グランパス監督)さんが、よく相手の矢印をつかめ、という表現を使っていましたが、技術が高まり目線が上がれば、相手のフォーム、癖、狙いなどを見抜くスピードも上がっていきます。小学5~6年生のミニゲームで、プレー中に私が逆足でボールを持つと、みんなギュッと寄せてきます。逆に利き足で良い持ち方をすれば寄せてこない。ボールを奪える雰囲気が本能で分かり、守備の予測がしやすくなるんです」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集