[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界では「普通」、日本では「異端」 “利き足指導”で磨かれる真のサッカー技術と本能

逆足のインフロントを超える利き足のアウトフロントが「本当のテクニック」

 高崎自身の指導も、年々無駄を省き進化していった。

「最初は逆足でシュートを打つ選手がいたら、『そこ利き足で打てない?』という声のかけ方をしていましたが、意識改革をした翌年からは、『逆足で打つならワンステップ外しても利き足で打ったほうがいい』と伝えるようになりました。逆足のインフロントを超える利き足のアウトフロント。それが本当のテクニックです」

 昨年までは3年間、グルージャ盛岡(今季からいわてグルージャ盛岡)の指導に携わったが、利き足を意識して取り組んだ選手たちは「故障をして休んでいる選手が焦るほど」見る見る上達したという。

「逆足に持ち替えなくても、利き足でどちらのターンもできるし、そのほうがミスも少なくて、次の動作も速い。利き足だけでプレーする選手のほうが、確実に伸びしろはあると思います」

 世界では普通のことなのに、日本では異端。この落差を埋めるためにも、高崎は今後も持論を発信し続けたいと考えている。

(文中敬称略)

[指導者プロフィール]
高崎康嗣(たかさき・やすし)

1970年4月10日生まれ。東京農工大学卒業、筑波大学大学院体育研究科コーチ学専攻修了。筑波大学コーチ、東京大学ヘッドコーチなどを経て、川崎フロンターレではU-18コーチ、Uー12監督などを歴任。U-12監督時代には、ダノンネーションズカップ国内大会を4年連続で制し世界大会に出場。三好康児、板倉滉、田中碧、久保建英ら、さまざまな年代で現在プロで活躍する多くの選手たちの指導に携わる。2016年からはグルージャ盛岡でヘッドコーチを務め、今年専修大学の監督に就任した。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集