[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アーモンドアイ衝撃V 凱旋門賞に英有力専門誌が期待「エネイブル最大の対抗馬」

競馬のドバイ国際競走は30日、UAEのメイダン競馬場で行われ、ドバイターフ(G1、芝1800メートル)でアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄)が1分46秒78で優勝。初の海外遠征でG1の5連勝を達成した。直線は持ったまま先頭に立って押し切る衝撃の世界デビュー。レース映像を海外メディアが動画付きで公開していたが、英有力専門誌は世界最強馬との激突に期待を込めている。

ドバイターフを制したアーモンドアイ【写真:Getty Images】
ドバイターフを制したアーモンドアイ【写真:Getty Images】

英レーシングポスト誌が特集「エネイブルと勝負への一歩を力強く刻んだ」

 競馬のドバイ国際競走は30日、UAEのメイダン競馬場で行われ、ドバイターフ(G1、芝1800メートル)でアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄)が1分46秒78で優勝。初の海外遠征でG1の5連勝を達成した。直線は持ったまま先頭に立って押し切る衝撃の世界デビュー。レース映像を海外メディアが動画付きで公開していたが、英有力専門誌は世界最強馬との激突に期待を込めている。

 ドバイの道はロンシャンに通じている。アーモンドアイは道中を中団外めを追走し、直線に入るとほぼ持ったまま、残り300メートル付近で先頭に。鞍上ルメールの仕掛けに反応し、外から追いすがった2着のヴィブロス以下を寄せつかず、悠々と先頭でゴール板を駆け抜けた。1馬身1/4の着差以上に強い圧勝だ。

 英専門誌「レーシングポスト」は「アーモンドアイがここ(ドバイ)でロンシャン競馬場、そしてエネイブルと勝負への一歩を力強く刻んだ」と紹介。「日本馬では2006年のディープインパクト以来のワクワクを与えてくれる馬だ。終盤、220ヤードを支配して流し、その実力は明らかだった」と強さを認めた。

 さらに、10月のG1凱旋門賞で期待される世界最強馬エネイブル(牝5・英国)との激突について「10月に歴史的な3連覇を狙うジョン・ゴスデン厩舎のエネイブルの最大の対抗馬と目されており、このレースの結果を受け、日本、そしてヨーロッパの競馬ファンをさらに熱狂させるだろう」と期待を込めていた。

(THE ANSWER編集部)

南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集