[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベ、世界選手権で復活は? 母国紙は厳しい指摘「理論上できるが、現実的には…」

フィギュアスケートの世界選手権は埼玉を舞台にして、18日から行われる。女子で日本の最大のライバルとなるのが、ロシア勢だ。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ、同銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ、欧州選手権女王のソフィア・サモドゥロワが出場する。ロシアメディアは早くも大会を展望しているが、今季不振に喘いでいるメドベージェワの復活について「現実的には厳しい」との見方をしている。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

16、17年世界女王は埼玉の地で復活なるか、露メディアの目は…

 フィギュアスケートの世界選手権は埼玉を舞台にして、18日から行われる。女子で日本の最大のライバルとなるのが、ロシア勢だ。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ、同銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ、欧州選手権女王のソフィア・サモドゥロワが出場する。ロシアメディアは早くも大会を展望しているが、今季不振に喘いでいるメドベージェワの復活について「現実的には厳しい」との見方をしている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 2度の世界女王が復活なるか。それが、優勝を占う上で鍵となりそうだ。大会を展望したロシア紙「ガゼッタ・ロシア」は、まず最後の3枠目で代表入りを掴んだことについて「メドベージェワのファンとアンチに二分した」と言及。エリザベーダ・トゥクタミシェワではなく、メドベージェワを選んだことが波紋を呼んだことを伝え、ファンの不満の原因にはトゥクタミシェワに比べ、「不安定な演技」と「低調な結果」にあると指摘している。

 記事では、ブライアン・オーサー氏に師事した初めてのシーズン、GPシリーズのスケート・カナダ3位、フランス杯4位でGPファイナルに、ロシア選手権7位で欧州選手権に、それぞれ出場できなかったことを紹介。しかし、トゥクタミシェワも肺炎によりトゥクタミシェワもロシア選手権、欧州選手権に出場できなかったことから、選考上重要となったロシア杯ファイナルで1.5点の僅差でメドベージェワがトゥクタミシェワに勝利したと触れている。

 しかし、演技は転倒するなど不安定で、コーチ評議会による投票により、代表切符を射止めたことも言及した。その上で「今、メドベージェワには一番難しい課題が待っている」と指摘。「ただ単に、彼女の大きな課題であるノーミスの演技をすればいいわけではなく、自国開催で優勝候補有力と予想される日本のスケーターたちと本当の競争を繰り広げなければならない」とし、優勝争いに加わることを求めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集