[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

石川祐希、2勝21敗のチームの中で… 孤軍奮闘に現地メディア「称賛されるべき選手」

バレーボール全日本男子のエース・石川祐希は、イタリア・セリエAでの4シーズン目を迎えている。不振のチームの中で気を吐く石川を、現地メディアが特集。「不屈の精神を持つ日本人」と称賛を送っている。

石川祐希【写真:AP】
石川祐希【写真:AP】

低迷するシエナで奮闘する石川を現地メディア特集

 バレーボール全日本男子のエース・石川祐希は、イタリア・セリエAでの4シーズン目を迎えている。不振のチームの中で気を吐く石川を現地メディアが特集。「不屈の精神を持つ日本人」と称賛を送っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「不屈の精神を持つ日本人ユウキ・イシカワ、まだ終わらない」と題して石川を特集しているのは、イタリアのバレー専門メディア「バレーマガジン」だった。

 今季ここまで2勝21敗と低迷するシエナにあって奮闘を続ける石川について「不屈の戦士である日本人選手は、無数の悔しさを、一人で堪え続けている。このような強靭な我慢強さは、伝統的な日本人の特徴なのである」と称えている。

 現地時間3日のカステッラーナ戦はフルセットの末に敗戦したが、この試合でも石川は奮闘。記事ではチーム総得点の68%に相当する28得点、82%のレシーブ率に加え、いくつかのミラクルプレーも見せたという。

「“神をも恐れぬ”という表現ははばかるが、ユウキ・イシカワが我々に与えた印象はまさにこれだったのである」と石川のプレーぶりには驚きつつも、「日出ずる国出身の才能あるイシカワは、彼の能力の限界まで、試合の最後の最後までシエナのために戦った。だがチーム会長であるビゾーニョ氏や地域のサポーターたちにとって残念だったのは、他に際立った選手がいなかったことである」とチームの不甲斐なさを嘆いていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集