[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪童キリオス、ナダルへの“下からサーブ” 海外ファンも賛否「彼はコメディアンだ」

男子テニス世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)は2月27日(日本時間28日)のメキシコ・オープン2回戦で同72位のニック・キリオス(オーストラリア)に6-3、6-7、6-7で敗れた。アンダーサーブという奇襲攻撃やブーイングを浴びせる観衆を煽るなどの悪童ぶりに、温厚なナダルも苦言を呈し、海外メディアも相次いで報道するなど波紋が広がっていたが、海外ファンの間でも賛否が分かれている。

ニック・キリオス(左)とラファエル・ナダル【写真:Getty Images】
ニック・キリオス(左)とラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

ナダルへのアンダーサーブに対する波紋が拡大、ファンの賛否は?

 男子テニス世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)は2月27日(日本時間28日)のメキシコ・オープン2回戦で同72位のニック・キリオス(オーストラリア)に6-3、6-7、6-7で敗れた。アンダーサーブという奇襲攻撃やブーイングを浴びせる観衆を煽るなどの悪童ぶりに、温厚なナダルも苦言を呈し、海外メディアも相次いで報道するなど波紋が広がっていたが、海外ファンの間でも賛否が分かれている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 アカプルコのアリーナが騒然としたのは第3セットの第6ゲームだった。サービスゲームでアドバンテージを手にしたキリオスはいきなり奇策に出た。ベースラインから遠く構えるナダルのポジションを確認すると、突如、下からサーブを放つ奇襲攻撃。想定外のアンダーサーブに慌ててナダルはダッシュ。わずかにフォルトになったが、キリオスに対して観衆はブーイングを浴びせたのだ。

 試合後も罵声が鳴り響いたアリーナのテニスファンに、ふてぶてしいジェスチャーで煽りまくったキリオスに、ナダルは「彼は観衆、対戦相手、彼自身に対する敬意を欠いている」などと珍しく苦言を呈すほどだった。

 このシーンを動画つきで公開しているATP公式中継サイト「テニスTV」の公式インスタグラムにもファンから1000件を超えるコメントが寄せられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集