[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、WBSS準決勝開催決定も… 米記者が「現時点ではまだ分からない」と語る理由

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA世界王者・井上尚弥(大橋)は5月18日にスコットランド・グラスゴーでIBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と戦うことを主催者側が公式発表した。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

ようやく決まった準決勝も不透明な部分を残すと米報道

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA世界王者・井上尚弥(大橋)は5月18日にスコットランド・グラスゴーでIBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と戦うことを主催者側が公式発表した。ようやく決まったWBSSのセミファイナル。しかし、まだ正式に開催されるかどうか、不透明な部分があるという。米メディアが伝えている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 正式発表を受け、米スポーツ専門局「ESPN」電子版で、ボクシング界の名物記者ダン・ラファエル氏が「エマヌエル・ロドリゲス対ナオヤ・イノウエ戦は5月18日の予定」と題した記事を展開している。

「ワールドボクシング・スーパーシリーズは火曜日、エマヌエル・ロドリゲスとナオヤ“モンスター”イノウエのバンタム級準決勝は5月18日にスコットランド、グラスゴーのSSEハイドロで開催されると発表した。しかし、この対戦が同日、もしくはこの開催地で行われるかは現時点ではまだ分からない」

 記事では、ロドリゲス対井上戦、そして同日に行われる予定のWBSSスーパーライト級の準決勝イバン・バランチェク(ベラルーシ)対ジョシュ・テイラー(英国)戦と合わせ、興行の目玉であることも伝えている。

 だが、同記者はスーパーライト級のカードにおいて見逃せない点があると指摘している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集