[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみに海外メディアも拍手喝采 「極めて精密」「56本のウイナーが印象的」

テニスの4大大会・全豪オープンは24日、女子シングルス準決勝で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)に、6-2、4-6、6-4で勝利。フルセットの激闘を制して、日本勢初の決勝進出を決めた。これで全米オープンに続くグランドスラム連覇に王手。世界ランク1位も視野に入った21歳の決勝進出を海外メディアも「彼女は極めて精密」「高いクオリティーの試合を制した」と続々と賛辞が飛んでいる。

全豪オープンで決勝に進出した大坂なおみ【写真:Getty Images】
全豪オープンで決勝に進出した大坂なおみ【写真:Getty Images】

グランドスラム連覇に王手、海外メディアからも続々賛辞が

 テニスの4大大会・全豪オープンは24日、女子シングルス準決勝で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)に、6-2、4-6、6-4で勝利。フルセットの激闘を制して、日本勢初の決勝進出を決めた。これで全米オープンに続くグランドスラム連覇に王手。世界ランク1位も視野に入った21歳の決勝進出を海外メディアも「彼女は極めて精密」「高いクオリティーの試合を制した」と続々と賛辞が飛んでいる。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 第3セットのマッチポイント、大坂は強烈なサーブをセンターに見舞った。サービスエース、決まった――。そう思った大坂はみるみる笑顔になりガッツポーズ。だが、まさかのアウトのコール。すぐにチャレンジを要求。ラケットを両手で挟み、お願いのポーズを作る。

 願いが届いた。ボールはほんのわずかだけラインの上にかすっていた。インが認められると、跳びあがって喜びを爆発させる大坂。最後はプリスコバと健闘をたたえ合う握手を交わした。

 全米オープンに続いて決勝まで駆け上がった大坂。海外メディアも試合を振り返り、称賛している。欧州衛星放送「ユーロスポーツ」イギリス版は「ナオミ・オオサカがカロリーナ・プリスコバとのバトルを制し、全豪オープンの決勝に到達」と題して焦点を当てている。

 記事では「ナオミ・オオサカが正確なパワーヒッティングをロッド・レーバー・アリーナの中で創出した。印象深い56のウイナーで6-2、4-6、6-4の勝利をもぎ取り、ペトラ・クビトバと土曜日に顔を合わせることになった」と拍手を送っている。

 オーストラリア紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」も「ナオミ・オオサカが全豪オープン決勝まで勝ち抜く」と特集。「彼女のトップのパワーゲームの一つで、彼女は極めて精密だった。彼女のファーストサーブポイント率は81パーセントを数え、相手より12パーセントも上回った」とプリスコバの69%を上回った、サービスゲームでの優位性を称えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集