[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京五輪テストイベントの15大会発表 名称&ロゴも公表「READY STEADY TOKYO」

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は23日、本大会までに予定されるテストイベント15大会を新たに発表した。

組織委が主催するテストイベントで使用するロゴデザインを発表【写真: 2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会】
組織委が主催するテストイベントで使用するロゴデザインを発表【写真: 2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会】

フェンシング、体操のW杯など新たに発表

 2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は23日、本大会までに予定されるテストイベント15大会を新たに発表した。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 テストイベントは東京五輪成功へ向け、主に競技運営および大会運営の能力を高めることを目的とし、大会本番で使用する設備、施設、会場において課題の抽出などを行う。第3弾となる今回はバスケットボール、野球・ソフトボールの国際大会、フェンシング、体操のワールドカップ(W杯)など15大会が発表された。全56大会が予定され、残り5大会は今後は発表される。

 また、組織委が主催するテストイベントで使用する名称、ロゴデザインも合わせて発表。「READY STEADY TOKYO(レディ・ステディ・トウキョウ)」とし、「東京2020大会の準備ができた。気を引き締めて、成功に向かって進んでいこう」とのメッセージが込められている。

 ロゴデザインはアスリートの力強い動きから生まれる汗や熱気、水しぶき、フィールドから舞い上がる土ぼこりからもインスピレーションを得たもの。「READY STEADY TOKYO」とともに本大会へ向け、着々と羽ばたく様子を表現している。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集