[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織が沸かした“14時間39分の熱闘” 大会公式も惜別「来年も君に会えることを願う」

テニスの4大大会・全豪オープンは23日、男子シングルス準々決勝で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は1-6、1-4の時点で負傷により途中棄権。第1セット終了後にはメディカルタイムアウトを取り、右太ももをテーピングでぐるぐる巻きにする悲壮な姿が見られたが、大会公式は5試合で計14時間39分を戦った29歳に対して「我々は来年も君に会えることを願っている」と労っている。

錦織圭、ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】
錦織圭、ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

5試合計14時間超えを戦った錦織を労う「またね、ケイ・ニシコリ」

 テニスの4大大会・全豪オープンは23日、男子シングルス準々決勝で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は1-6、1-4の時点で負傷により途中棄権。第1セット終了後にはメディカルタイムアウトを取り、右太ももをテーピングでぐるぐる巻きにする悲壮な姿が見られたが、大会公式は5試合で計14時間39分を戦った29歳に対して「我々は来年も君に会えることを願っている」と労っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 限界だった。錦織は第2セット、1-4とリードを許した時点で棄権を宣言。ジョコビッチと握手を交わした。セットが始まる前にはメディカルタイムアウトを取り、右太ももをテーピングでぐるぐる巻きにして、なおコートに立った。実際のシーンを大会公式ツイッターも動画付きで公開し、「同情に値する」と海外ファンから声が上がったほど悲壮感が漂っていた。

 4試合中3試合をフルセットで勝ち上がり、5時間を超える試合も。それでも、再三のピンチも不屈の闘志ではい上がり、2セットダウンとなった試合も最終セット10点タイブレークで突破。メルボルンのファンを何度となく沸かせ、この日のコートに立っていた。大会公式ツイッターも「またね、ケイ・ニシコリ。我々は来年も君に会えることを願っている」と惜別した。

 5試合で戦った時間は14時間39分。悲願のグランドスラム制覇にこそ届かなかったが、確かな印象を残し、真夏のメルボルンを去った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集