[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、「年間最優秀KO賞」受賞に英メディアも賛辞「獰猛な右の直後から…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で準決勝進出を決めたWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。10月7日のWBSS初戦で見せた70秒のKO劇が、権威ある米ボクシング専門誌「リング」の「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」に選出された。英メディアも「獰猛な右フックの直後から候補になる運命だった」「ラウンドを期待したファンを困惑させたが、驚きなし」と改めて称賛している。

WBA世界王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
WBA世界王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

米リング誌の「KO・オブ・ザ・イヤー」選出に「世界中でファンを増やした」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で準決勝進出を決めたWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。10月7日のWBSS初戦で見せた70秒のKO劇が、権威ある米ボクシング専門誌「リング」の「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」に選出された。英メディアも「獰猛な右フックの直後から候補になる運命だった」「ラウンドを期待したファンを困惑させたが、驚きなし」と改めて称賛している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

「ボクシングの聖書」と呼ばれる米リング誌で、栄えある「年間最優秀KO賞」を受賞した井上。これを受け、英スポーツ専門メディア「ギブ・ミー・スポーツ」は衝撃の70秒KOを改めて特集している。

 横浜アリーナで行われたWBSSシーズン2の開幕戦。井上は元WBAバンタム級世界スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)という難敵と対峙した。しかし、結果は秒殺KOだった。

 記事では「彼はこの戦いを感銘的なスタイルで勝利した。パヤノが残酷な姿でキャンバスに叩きつけられるまで、このファイトはわずか70秒しか続かなかった」と衝撃を振り返っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集