[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、痛み乗り越える魂のV3に海外最敬礼「けがに屈することはなかった」

フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は187.04点をマークし、合計289.10点。シーズンベストを更新し見事に3連覇を達成した。世界選手権(3月・埼玉)の代表にも決定した宇野は、右足首の痛みを抱えながらも執念のスケーティングで気迫の演技を披露。海外メディアも「鮮やかな勝利」「けがとの戦いに屈することはなかった」と続々称賛を送っている。

全日本選手権3連覇を果たした宇野【写真:Getty Images】
全日本選手権3連覇を果たした宇野【写真:Getty Images】

右足首痛を抱えながら頂点に立った宇野に海外も称賛

 フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は187.04点をマークし、合計289.10点。シーズンベストを更新し、見事に3連覇を達成した。世界選手権(3月・埼玉)の代表にも決定した宇野は、右足首の痛みを抱えながらも執念のスケーティングで気迫の演技を披露。海外メディアも「鮮やかな勝利」「けがとの戦いに屈することはなかった」と続々称賛を送っている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 右足首を捻挫しながらも、2位の高橋大輔(関大KFSC)に50点近い差をつけて圧勝した宇野。羽生結弦不在の中でエースとしての強さ、自覚を存分に見せつけた21歳に海外からも拍手が送られている。海外フィギュア専門サイト「ゴールデンスケート」は「ウノが大阪で3年連続のタイトルを奪取」と題し、演技を振り返っている。

「ショウマ・ウノが月曜日に大阪で2018-19の全日本選手権のタイトルを獲得した。彼のフリーでのコンディションが心配されたが、ウノはショートでの大きなリードを保ったまま、鮮やかな勝利を挙げた」

 記事ではアクシデントにも負けず、SP1位のリードそのままに鮮やかな勝利を収めた宇野を称賛。「ウノは『天国への階段』に乗せて堂々としたパフォーマンスを披露した。3度の綺麗な4回転をSPでは決めた」とレポートし、3連覇を伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集