[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米挑戦の聖和学園・今野紀花、高校最後の試合は不完全燃焼も 「3年間は楽しかった」

ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は25日に第3日を行い、聖和学園(宮城)は女子3回戦で岐阜女子(インターハイ準優勝)に69-87で敗れた。卒業後に米国のルイビル大に進学するU-18日本女子代表の今野紀花(3年)にとっては、高校生活最後の舞台となった。「注目される中で自分のプレーをやり切りたかったが、できなくて悔しい」と唇をかんだ。

高校生活最後の試合となった今野は悔しさを滲ませた【写真:平野貴也】
高校生活最後の試合となった今野は悔しさを滲ませた【写真:平野貴也】

ウインターカップ女子3回戦、注目の今野は19得点も終戦

 ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は25日に第3日を行い、聖和学園(宮城)は女子3回戦で岐阜女子(インターハイ準優勝)に69-87で敗れた。卒業後に米国のルイビル大に進学するU-18日本女子代表の今野紀花(3年)にとっては、高校生活最後の舞台となった。「注目される中で自分のプレーをやり切りたかったが、できなくて悔しい」と唇をかんだ。

 相手は、チームとしての守備力が高く、長身留学生を擁する優勝候補。組み合わせが決まったときからヤマ場と認めていた一戦だ。聖和学園は、前半で40-41と食らいついた。田中歌穂(3年)が13得点、6リバウンドと活躍。今野も11得点を挙げた。ただし、今野が3ファウル(5ファウルで退場)で注意が必要な状況となったのは、誤算だった。

 試合終盤までプレーするために、ファウルになりそうな際どいプレーを避けなければならなくなった。今野は「元からファウルは止めようと話していたけど、思わぬところで取られてしまった。ファウルに見えるようなディフェンスをしてしまっていた。(3つ目のファウルを取られてからは)いつもは出られる守備に出られず、諦めなければならない場面もあって、チームが不利になっていった」と悔しそうに振り返った。

 一方の岐阜女子は、留学生ハディ・ダフェ(2年)が14得点、13リバウンドと大活躍。インサイドで圧倒的な強さを誇り、3ポイントシュートが1本も入らず、フリースローも3割の成功率で試合をリード。後半の余力の違いは、見えていた。

 後半に入ると、すぐに岐阜女子が引き離し始めた。聖和学園は、今野が守備で力を発揮しきれず、チームメートも徐々にファウルが重なり、対抗力を失っていった。それでも今野は、田中の21得点に次ぐ19得点とチーム最多の6アシストでチームの攻撃をけん引し続けた。終盤は、点差を詰めるために強引な攻撃が必要になったためシュート成功率は落ちたが、実力の片りんは見せつけた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集