[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨が貫録の3連覇達成! 高橋大輔は2位で世界選手権の代表選考対象に

フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は187.04点をマークし、合計289.10点。シーズンベストを更新し見事に史上12人目の3連覇を達成した。SP2位の高橋大輔(関大KFSC)が151.10点、合計239.62点で2位。宇野は世界選手権(3月、埼玉)の代表に決定した。高橋も代表選考対象になる。3位は合計236.45点で田中刑事(倉敷芸術科学大)。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

全日本選手権男子フリー、宇野が3連覇達成

 フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は187.04点をマークし、合計289.10点。シーズンベストを更新し見事に史上12人目の3連覇を達成した。SP2位の高橋大輔(関大KFSC)が151.10点、合計239.62点で2位。宇野は世界選手権(3月、埼玉)の代表に決定した。高橋も代表選考対象になる。3位は合計236.45点で田中刑事(倉敷芸術科学大)。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 貫録だった。宇野が「月光」に乗せて気迫で舞った。冒頭の4回転フリップを着氷。続く3回転サルコー、4回転トウループでもやや乱れた。演技後半の4回転トウループからのコンビは見事に完璧に決めた。トリプルアクセルも決め、続くコンビネーションも着氷。最後のトリプルループも降りた。

 スピンやステップは高い次元で高得点をマーク。最後は拍手を浴びながらガッツポーズも出た。

 右足を痛めたと見られ、前日(23日)の公式練習は欠場。直前の練習でも精彩を欠いていたが、本番で見事に底力を発揮した。

 過去に5度全日本を制している高橋は、銀メダルで2012年以来6年ぶりの表彰台。世界選手権の代表選考の俎上に乗ることになったが、今後、国際大会で「ミニマムスコア」と呼ばれる最低技術点を取得する必要がある。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集