[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔、32歳魂の演技は151.10点! 暫定2位で6年ぶり表彰台確定

フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の高橋大輔(関大KFSC)が151.10点をマークし、合計239.62点。1人を残して暫定2位で、2012年以来の表彰台を確定させた。

高橋大輔【写真:Getty Images】
高橋大輔【写真:Getty Images】

全日本選手権男子フリー

 フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の高橋大輔(関大KFSC)が151.10点をマークし、合計239.62点。1人を残して暫定2位で、2012年以来の表彰台を確定させた。

【特集】希代の名スキーヤーが第二の人生を“スキーの未来作り”に捧げた理由 / アルペンスキー・皆川賢太郎氏インタビュー(GROWINGへ)

 過去に5度の優勝を成し遂げている高橋が全日本の舞台。冒頭は4回転トウループに失敗。続くコンビネーションは降りたが、3回転フリップも手をついてしまった。演技後半のトリプルアクセルは見事に着氷。しかし3連続ジャンプで転倒。疲れの出た後半はミスが続いてしまった。それでも屈指と言われるステップ、スピンで魅了。PCS(構成点)は88.50点だった。

 2010年のバンクーバー五輪の銅メダリスト。2014年のソチ五輪(6位)を最後に現役を引退したが、今年7月に現役復帰を電撃表明。復帰初戦の近畿選手権では3位。11月の西日本選手権で復活Vを飾り、全日本出場を決めていた。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集