[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東山VS福岡第一、2回戦屈指の好カードのポイントは!? Gとセンターの攻防は見所十分

2年前の決勝カードが早くも実現する。ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は24日に武蔵野の森総合スポーツプラザで第2日を行い、男子の東山(京都)は75-60で県立四日市工業(三重)を破って1回戦を突破した。25日は、福岡第一(福岡)と対戦する。

東山の大澤監督がキーマンに指名する吉田【写真:平野貴也】
東山の大澤監督がキーマンに指名する吉田【写真:平野貴也】

2回戦で早くも2年前の決勝カード再現

 2年前の決勝カードが早くも実現する。ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は24日に武蔵野の森総合スポーツプラザで第2日を行い、男子の東山(京都)は75-60で県立四日市工業(三重)を破って1回戦を突破した。25日は、福岡第一(福岡)と対戦する。

 東山の大澤徹也監督は「動きが硬くて、最初は相手のやりたいことをやらせてしまった。明日、こんな試合をしたら、どうにもならない。でも、この場所でどういうプレーができるか見てみたかったので(決戦前に)1試合できたのは、かなりアドバンテージかなと思う」と初戦の手ごたえを語った。

 東山は、ポイントガードの米須玲音(1年)と留学生のビッグマンが主軸となるハーフコートオフェンスが主体。一方、2回戦で対峙する福岡第一は守備に重点を置いた、堅守速攻のチーム。2年前同様、異なるスタイルが激突する。大澤監督は「うちのペースで試合をしたい。速い展開に持ち込まれたら、向こうのパターン。がっつりとハーフコートのオフェンスでバスケットをやりたい」と次戦の意気込みを語った。福岡第一も留学生がインサイドで存在感を示し、ポイントガードはU-18日本代表の河村勇輝(2年)が務める。両チームのガードとセンターがやり合う展開が想定され、見応えのある試合になりそうだ。

 因縁対決に臨む選手もいる。東山のガード、吉田竜丸(3年)は、福岡第一のガード小川麻斗(2年)と学年は違うが、同じ西福岡中学校の出身。吉田は「麻斗とは、組み合わせが決まったときに『(直接対決を)やるね』と話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集