[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2018】井上尚弥、“戦慄の左”の決定的瞬間の1枚を公開 「ゾーンに入っていた…」と告白

2018年も、もう残り僅か。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回はボクシングのWBAバンタム級王者・井上尚弥(大橋)。10月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦を圧勝した直後に自身のインスタグラムで公開した“戦慄の左”の決定的瞬間だ。元WBAバンタム級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をワンツーによる70秒KOの呼び水となった“左ジャブ”の瞬間を捉えた1枚の写真を披露し、自身で「この瞬間はスローに感じるほどゾーンに入っていた…」と告白すると、ファンからは大反響を集めた。

WBSSバンタム級1回戦で圧勝した井上尚弥【写真:Getty Images】
WBSSバンタム級1回戦で圧勝した井上尚弥【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―10月のWBSS1回戦で披露した“戦慄の左”の決定的瞬間に反響

 2018年も、もう残り僅か。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回はボクシングのWBAバンタム級王者・井上尚弥(大橋)。10月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦を圧勝した直後に自身のインスタグラムで公開した“戦慄の左”の決定的瞬間だ。元WBAバンタム級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をワンツーによる70秒KOの呼び水となった“左ジャブ”の瞬間を捉えた1枚の写真を披露し、自身で「この瞬間はスローに感じるほどゾーンに入っていた…」と告白すると、ファンからは大反響を集めた。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 まるで合成写真を見ているかのような1枚だ。世界を震撼させた70秒KO。井上がインスタグラムを更新し、自身で決定的瞬間の画像を公開した。

 パヤノに対し、左腕を伸ばした井上。その拳はガードの間を抜き、相手の顔面を捉えている。左腕は逆方向にしなり、曲がっているかのようにさえ見え、しかも鍛え上げられた筋肉が際立つ。ただ、視線は鋭くパヤノを捉えており、なおかつ、右拳が今にも弾けんばかりに放たれようとしている。直後の右ストレートにつなげる決定的瞬間を至近距離から写した1枚だ。

 投稿では、この瞬間の感情について告白している。「内側から打ち抜くジャブ。これで右ストレートに繋げる距離タイミングが完全一致!!」とつづり、さらに「この瞬間はスローに感じるほどゾーンに入っていた…。過去ナルバエス戦でしかなかったゾーンが再び…」と回想。なんと過去に1度しかなかった「ゾーン」の領域に突入していたという。

 画像を見たファンから「腕が…合成写真っぽい」「腕が伸びてるみたい」「左ジャブの筋肉ヤバイ」とコメントが相次ぐなど、目を奪われた様子。井上はKOの呼び水となった左ジャブから右ストレートのワンツーは練習をしてきたと試合後に明かしていた。「尚弥ゾーン」で放たれた戦慄のパンチの興奮が再び、甦ってくるようだった。

 井上は現在、来春を予定するWBSSの準決勝、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦へ向けて調整を進めている。2018年は2試合をわずか182秒で終わらせた“モンスター”。次なるファイトではどんな衝撃を与えてくれるのか――。今から楽しみで仕方がない。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集