[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

衝撃はカネロ級!? 米20歳有望株の戦慄KOシーンに海外喝采「この名前を覚えておこう」

ボクシングのWBAスーパーミドル級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州のマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、ミドル級2団体王者のサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)が3回2分38秒TKOで王者のロッキー・フィールディング(英国)に圧勝。3階級制覇を成し遂げた。この興行の中で現地で話題を集めているのは、アンダーカードで登場したプロスペクト(若手有望株)の鮮烈なKO劇だ。自身のSNSで動画を公開。140万回以上再生され、「アメージング」「素晴らしいKO」などとファンに衝撃を与えている。

ロドリゲスを5ラウンドKOで沈めたライアン・ガルシア(左)【写真:Getty Images】
ロドリゲスを5ラウンドKOで沈めたライアン・ガルシア(左)【写真:Getty Images】

カネロの前座で登場したプロスペクトが現地ファンの間で話題に

 ボクシングのWBAスーパーミドル級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州のマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、ミドル級2団体王者のサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)が3回2分38秒TKOで王者のロッキー・フィールディング(英国)に圧勝。3階級制覇を成し遂げた。この興行の中で現地で話題を集めているのは、アンダーカードで登場したプロスペクト(若手有望株)の鮮烈なKO劇だ。自身のSNSで動画を公開。140万回以上再生され、「アメージング」「素晴らしいKO」などとファンに衝撃を与えている。

【特集】希代の名スキーヤーが第二の人生を“スキーの未来作り”に捧げた理由 / アルペンスキー・皆川賢太郎氏インタビュー(GROWINGへ)

 ライアン・ガルシア――。この名前は覚えておいた方がいいかもしれない。米国の20歳が見事なKO劇を披露した。

 勝負が決したのは、5ラウンドだった。対戦相手のロドリゲス(19勝3敗・ドミニカ共和国)を右フック一発でロープに吹き飛ばすと、続けざまに右のダブル、そして左を叩き込んだ。たまらず崩れ落ちるロドリゲス。懸命に立ち上がろうとするが、最後はレフェリーが試合を止めた。

 鮮やかなTKOで、デビューからの連勝を17(14KO)に伸ばしたガルシア。スーパーフェザー級でWBC傘下の地域タイトルのベルトをもつ20歳の俊英は、米国でトッププロスペクトとして注目を浴びている。最新のランキングではWBCの同級8位。カネロと同じゴールデンボーイ・プロモーションズの秘蔵っ子だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集