[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、引き出しの多さはまるで「フリージャズ」 米記者を直撃「何でもできるね」

井上の多彩な攻撃はまるで「フリー・ジャズ」

「パワーがあって、パンチのバラエティが多い。上下にきっちり打ち分けられる。アッパー、ストレート、フック、パンチの引き出しが多いね。ジャズのミュージシャンみたい。フリースタイルができるんだ。118ポンド(バンタム級リミットの53.5キロ)のほうがパワーが上がっている」

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 事実、バンタム級転向後は2試合連続で衝撃の瞬殺劇。新旧の王者経験者2人を計182秒で葬っているのだ。さらには派手なKO劇は米国でも受けるスタイルだと言い、井上のさらなる可能性にも太鼓判を押している。

「KOが多い選手のほうが世間には認められる。特にイノウエは何でもできる。前に出ても倒せるし、守りながらカウンターも打てる。基本的にはどんないい選手でも相手のスタイルによって、勝てない選手がいる。相性が悪い相手がいるものだ。ただイノウエはどんな相手でも対応できる」

 同記者は以前、近い階級にはスター不在で、バンタム級を制圧したとしても、本当の意味でのスターにはなれない、とコメントしていた。だが、今回は「勝ち進んだら、さらに評価は上がる」とも言った。例に出したのは32戦無敗のまま引退したアンドレ・ウォード(米国)だ。元WBA・WBC世界スーパーミドル級スーパー王者で、元WBA・IBF・WBO世界ライトヘビー級スーパー王者でもある、ウォードも今回のWBSSと同じようなトーナメント形式の階級NO1決定戦「スーパー・シックス」で優勝し、スーパーミドル級の2団体統一王者となった。

「ウォードはイノウエとはスタイルが違い判定までいくが、ほぼフルマークで勝ち続け頂点に立った。パウンド・フォー・パウンド(PFP)でもかなり上までいったよね」

 ウォードも決してスーパースターを撃破したわけではないが、圧倒的な力を見せ続けることで名声を手にし、PFPの1位まで上り詰めた。現時点ではライバル不在とも言われるモンスター。相手を圧倒し続けることで、そんな声もなくなるかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集