[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥とV決戦で激突!? テテがもう警戒「イノウエもロドリゲスもフレッシュだ」

井上尚弥とV決戦で激突!? テテがもう警戒「イノウエもロドリゲスもフレッシュだ」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメントで準決勝進出したWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。次戦はIBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦することが決まったが、別の山で準決勝進出を決めているWBO世界王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)は決勝で対戦する可能性のある井上を警戒している。南アフリカメディア「Sowetan Live」が報じている。

ゾラニ・テテがWBSS決勝で対戦する可能性のある井上を警戒している【写真:Getty Images】
ゾラニ・テテがWBSS決勝で対戦する可能性のある井上を警戒している【写真:Getty Images】

別の山で準決進出、“11秒KO男”が「俺は若くフレッシュな奴らと戦いたい」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメントで準決勝進出したWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。次戦はIBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦することが決まったが、別の山で準決勝進出を決めているWBO世界王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)は決勝で対戦する可能性のある井上を警戒している。南アフリカメディア「Sowetan Live」が報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 テテはロシア・エカテリンブルクで行われた初戦で、ミーシャ・アロイヤン(ロシア)にフルラウンドを戦い、判定勝ちを収めた。準決勝では、11月3日にグラスゴーで行われるWBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)と元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)の勝者と対戦する。

 統一戦となるセミファイナル。テテには“意中”の相手がいる。記事によると、「バーネットの方がいい。なぜなら彼はドネアよりもフレッシュだからだ」と“11秒KO男”は語ったという。

「フィリピンの閃光」の異名で知られる英雄ドネアも35歳。4月21日には2階級上のWBOフェザー級暫定王座決定戦で判定負けを喫したばかり。19戦19勝の26歳バーネットの方が充実の状態とみている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー