[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 今の錦織は「存在が大きすぎた」 完敗の世界19位に地元メディア同情「ノーチャンス」

今の錦織は「存在が大きすぎた」 完敗の世界19位に地元メディア同情「ノーチャンス」

男子テニスのエルステバンク・オープンは25日、シングルス2回戦で世界ランク11位(日清食品)の錦織圭が同19位のカレン・カチャノフ(ロシア)を6-2、6-2で破り、8強進出。最後は美しいバックハンドによるダウンザラインで試合を決めた瞬間をATP公式中継サイト「テニスTV」は動画付きで公開し、賛辞を送っていたが、地元メディアも「ケイ・ニシコリは力強い」と高評価。一方、敗れたロシアNO1の新鋭については「ノーチャンス」「今のニシコリの存在は大きすぎた」と同情している。

世界ランク11位の錦織圭(日清食品)【写真:Getty Images】
世界ランク11位の錦織圭(日清食品)【写真:Getty Images】

64分で完敗のロシアNO1新鋭に「今のニシコリの存在は大きすぎた」と同情

 男子テニスのエルステバンク・オープンは25日、シングルス2回戦で世界ランク11位(日清食品)の錦織圭が同19位のカレン・カチャノフ(ロシア)を6-2、6-2で破り、8強進出。最後は美しいバックハンドによるダウンザラインで試合を決めた瞬間をATP公式中継サイト「テニスTV」は動画付きで公開し、賛辞を送っていたが、地元メディアも「ケイ・ニシコリは力強い」と高評価。一方、敗れたロシアNO1の新鋭については「ノーチャンス」「今のニシコリの存在は大きすぎた」と同情している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ロシアの新鋭に付け入る隙すら与えなかった。わずか64分の圧勝劇、錦織は美しいバックハンドで決めた。マッチポイント。錦織のセンターへのサービスからラリーが始まった。互いに一歩も引かないストローク戦。しかし、一瞬、錦織の眼光が鋭くなった。強烈なバックハンドを相手のフォア側へ。鋭いダウンザラインにカチャノフは返しきれず。圧巻の締めくくりだった。

「テニスTV」公式ツイッターは「すべてがO-Kei(オーケー)ケイ・ニシコリがエルステバンク・オープンの準々決勝へ駆け上がった。カレン・カチャノフに6-2、6-2」と名前をもじりって称賛し、動画付きで公開。過去1勝2敗としていたカチャノフを破り、「鋭くてタフ、素晴らしい試合だケイ!」と海外ファンが労いの声が上がっていたが、地元メディアも高く評価している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー