[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥最強論に“待った” 米記者が持つ興味「全盛期の世界クラスと対戦したら…」

井上尚弥最強論に“待った” 米記者が持つ興味「全盛期の世界クラスと対戦したら…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝で、WBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との対戦が決定した。優勝候補の大本命と海外メディア、ブックメーカーで推される井上に対し、最大のライバルと目されていたロドリゲスは同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に判定割れの辛勝。WBSS優勝の楽観論が高まっているが、米ボクシング誌「リング」記者は“待った”をかけている。

WBA王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
WBA王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

米リング誌記者は圧倒的強さを認めるも「もつれた際にいかに対処するか」に興味

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝で、WBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との対戦が決定した。優勝候補の大本命と海外メディア、ブックメーカーで推される井上に対し、最大のライバルと目されていたロドリゲスは同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に判定割れの辛勝。WBSS優勝の楽観論が高まっているが、米ボクシング誌「リング」記者は“待った”をかけている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

WBSS初戦で難敵元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか70秒でKOに仕留めた井上。準決勝の対戦相手の決まるオーランドに颯爽と乗り込み、ロドリゲス戦を見届けると、試合後には電撃の“20cmフェイスオフ”が実現した。WBSSがそのシーンを紹介すると話題を呼んだが、視察した試合はよもやの展開となった。

 ライバルはマロニー相手に苦しんだ。優勢だった序盤から急転、終盤は手数が減り、強烈なボディショットを被弾した。フルラウンドを戦い、何とか判定勝ちを収めたロドリゲスのパフォーマンスから、海外メディアやファンの間では「井上1強」の声にさらに拍車がかかっていたが、世界で最も権威ある米リング誌の記者が待ったをかけている。

 読者とのQ&A企画で「オーランドでのカードはすごく楽しめました。これから追い続けるつもりだけど、現時点で118ポンドでナオヤ・イノウエのレベルで戦える人間は誰もいない」という声が届いた。これに対し、ダグ・フィッシャー記者は「あなたがおそらく正しいだろう」と認める一方で、モンスター最強論に“ある興味”を明かしている。

「全盛期を迎えているバンタム級のワールドクラスとイノウエが対戦し、序盤戦以降にもつれた際、モンスターがいかに対処するのか。そこが興味深い」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー