[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、前女王が「手に取るように分かる」と重ねた“全米V後の苦悩”とは

大坂なおみ、前女王が「手に取るように分かる」と重ねた“全米V後の苦悩”とは

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は22日、初出場の世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が“新旧全米女王対決”となった同6位スローン・スティーブンス(米国)に5-7、6-4、1-6で敗れ、黒星発進。優勝の本命に挙げられていた今季の全米女王に対し、昨季の全米女王は“全米V後の苦悩”について「手に取るように分かる」と明かした。

WTAファイナル初戦で、スティーブンスに敗れた大坂【写真:小林 靖】
WTAファイナル初戦で、スティーブンスに敗れた大坂【写真:小林 靖】

スティーブンスが重ねた“苦悩”「シーズン残り全欠すべきくらい疲れ切った」

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は22日、初出場の世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が“新旧全米女王対決”となった同6位スローン・スティーブンス(米国)に5-7、6-4、1-6で敗れ、黒星発進。優勝の本命に挙げられていた今季の全米女王に対し、昨季の全米女王は“全米V後の苦悩”について「手に取るように分かる」と明かした。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 試合を振り返ったスティーブンスは「とても良い試合をしたと思っている。最初から最後まで納得のいく試合運びができた」と納得の表情を浮かべた。今季最後の4大大会となった全米オープンを制し、上昇気流に乗っていた大坂が相手。「彼女のように自信満々の選手を相手するのは容易ではないけど、前向きな姿勢で挑めた」と会心の勝利に笑みをこぼした。

 “新旧全米女王対決”。大坂とは開幕前のセレモニーで隣になり、初めて喋ったという。「せっかくの機会だと思ったので、セルフィーを撮ったりして、彼女と仲良くしようと思った。同じグループに入るとは思いもしなかったけど。とっても良い子。数分だったけど、会話できて良かった。ナオミがたぶん今回の8人中、一番大人しいかな」と印象を語った。

 自身も前年の全米オープンで4大大会初制覇。だからこそ、その苦悩について「手に取るように分かる」と明かす。「自分が優勝した後は、シーズンの残りを全欠するべきくらい疲れ切っていた」と吐露。自身は故障により長期休養明けで連戦の末に制し、より疲労もあったという。しかし、大坂は直後の東レ・パンパシフィックオープンに出場し、準優勝した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー