[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本一狙う昭和学院が11年連続V 女王に1点差で敗れた夏の再挑戦へ「リベンジしたい」

日本一狙う昭和学院が11年連続V 女王に1点差で敗れた夏の再挑戦へ「リベンジしたい」

高校バスケットの祭典「ウインターカップ」(全国高校バスケットボール選手権大会)千葉県予選は20日に男女の決勝を行い、女子は昭和学院が84-64で千葉英和を下し、11年連続の全国大会出場を決めた。

昭和学院が11年連続の全国大会出場を決めた【写真:平野貴也】
昭和学院が11年連続の全国大会出場を決めた【写真:平野貴也】

ウインターカップ千葉V、インターハイ決勝で敗れた桜花学園に雪辱誓う

 高校バスケットの祭典「ウインターカップ」(全国高校バスケットボール選手権大会)千葉県予選は20日に男女の決勝を行い、女子は昭和学院が84-64で千葉英和を下し、11年連続の全国大会出場を決めた。昭和学院は、夏のインターハイ(全国高校総体)で2回戦敗退。しかし、優勝した桜花学園(愛知)に1点及ばなかったという善戦で、女王を最も苦しめたチーム。鈴木親光ヘッドコーチは「(互角に)戦えるんじゃないかという意識が、選手には芽生えている。やりたいことはできた試合だった。ただ、今日も後半は相手にボールをたくさん拾われた。夏も最終的にはこぼれ球を拾われてシュートを入れられた。そこを自分たちのボールにしたい」と話し、大目標である日本一への再挑戦に向けて、課題を指摘した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 最終的に20点差のゲームとなったが、後半は逆襲を受けてペースを失った時間帯があったからだ。試合は、序盤から昭和学院がリード。得点差が最も縮まったのは、第3ピリオドだった。16点差を追う千葉英和は、後半から開き直ったかのように思い切りの良い攻撃を展開。岡本華音(2年)の連続3ポイントなどで3点差まで詰め寄った。昭和学院の主将を務める星杏璃(3年)は「(各ピリオドの)入りは、課題。相手の流れに負けて、自分たちも慌ててしまった」と顔をしかめた。しかし、相手の猛攻を受けている時間帯に「前半はシュートが入らず、リバウンドも取られてダメだったので、後半は頑張った」と話した増田泉美(2年)が前に走って、すぐに点を取り返し、星も持ち味の速攻を仕掛けるなどして点を奪い返して再びリードを広げた。64-57で迎えた第4ピリオドは、焦ってシュートが雑になる相手を尻目に速攻を仕掛け続けて突き放した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー