[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、一発クリアの計量直後に欲したものとは!? 「これがあれば大丈夫」

村田諒太、一発クリアの計量直後に欲したものとは!? 「これがあれば大丈夫」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。19日(同20日)は試合会場の米ラスベガス、パーク・シアターで前日計量が行われ、王者の村田はリミットから300グラムアンダーの72.2キロ、挑戦者ブラントは71.8キロでともに一発でパス。あとは本番を迎えるだけとなった。

前日計量を一発でパスした村田諒太【写真:荒川祐史】
前日計量を一発でパスした村田諒太【写真:荒川祐史】

300グラムアンダーで計量をクリア、一発目の食事は?

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。19日(同20日)は試合会場の米ラスベガス、パーク・シアターで前日計量が行われ、王者の村田はリミットから300グラムアンダーの72.2キロ、挑戦者ブラントは71.8キロでともに一発でパス。あとは本番を迎えるだけとなった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 計量後には「絶対に倒す。ぶんなぐってやりたい」と闘志を漲らせKOを誓った村田。一方で計量クリアには「それは本当に良かったです。仕事の半分はそこだと思うので」とホッと胸をなで下ろした。

 計量も試合の一部という選手も多い。減量時の過酷な食事から解放され、試合当日には3キロ~5キロ、中には10キロ以上体重を戻しリングに上がる選手もいる。計量後の食事は人それぞれ。胃に優しいスープや、精力の付くうなぎ、エネルギーに変わりやすいパスタや、ルーティーンで決めた勝負メシを摂取するボクサーもいるが、さて計量直後の村田はまず何を欲したのか。

「白米があればそれで大丈夫。気の向くままに食べます」とほおを緩ませた。やはり日本人ということなのだろう。リカバリーに成功した村田は生気を取り戻し、運命のリングに上がることになる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー