[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日体大柏が5年ぶりV 「持っている」兄弟は弟も全国へ「兄の代を超えて8強が目標」

日体大柏が5年ぶりV 「持っている」兄弟は弟も全国へ「兄の代を超えて8強が目標」

高校バスケットの祭典「ウインターカップ」(全国高校バスケットボール選手権大会)千葉県予選は20日に男女の決勝を行い、男子は3年連続で決勝敗退が続いていた日体大柏が81-62で八千代松陰を下し、5年ぶり2度目の全国大会出場を決めた。先発したポイントガードの松岡龍平(3年)は、前回の全国出場チームを主将として束ねた松岡修平の弟。兄に続く全国出場を決め、「この学校に来たのは、兄がいたのが大きい。追いかけて、自分も(全国に)行けるように頑張ってきた。全国大会は、千葉の強い高校の代表として行く。兄の代は、2回戦で負けた。それを超えて、メインコートに立てるベスト8を目標にしたい」と話し、全国で兄を超える目標を打ち立てた。

5年ぶりの優勝で全国大会出場を決めた日体大柏【写真:平野貴也】
5年ぶりの優勝で全国大会出場を決めた日体大柏【写真:平野貴也】

ウインターカップ千葉決勝、前回V当時の主将の弟・松岡龍平「兄の代を超えたい」

 高校バスケットの祭典「ウインターカップ」(全国高校バスケットボール選手権大会)千葉県予選は20日に男女の決勝を行い、男子は3年連続で決勝敗退が続いていた日体大柏が81-62で八千代松陰を下し、5年ぶり2度目の全国大会出場を決めた。先発したポイントガードの松岡龍平(3年)は、前回の全国出場チームを主将として束ねた松岡修平の弟。野澤ヘッドコーチは「あの兄弟は、何か(運を)持っているな」と不思議な縁に笑みを浮かべ、5年ぶりの優勝を喜んだ。兄に続く全国出場を決めた松岡は、スピードのあるドライブが武器のポイントガード。「この学校に来たのは、兄がいたのが大きい。追いかけて、自分も(全国に)行けるように頑張ってきた。全国大会は、千葉の強い高校の代表として行く。兄の代は、2回戦で負けた。それを超えて、メインコートに立てるベスト8を目標にしたい」と話し、全国で兄を超える目標を打ち立てた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 試合は、日体大柏が、後半に相手を突き放す形で勝利をつかんだ。前半は、インターハイ(全国高校総体)8強の八千代松陰が外角のシュート力を生かしてわずかにリードした。しかし、後半は、外れたシュートのリバウンドを拾う日体大柏が速攻を中心にジリジリと逆襲。フォワードの小市涼太は「全員でうまく守ることができた。終盤は、相手がシューター2枚の外だけになったので、ディナイ(腕を伸ばしてパスやシュートのコースを防ぐ守備)で守って頑張った」と話した。第3ピリオドに主将の澤田樹(3年)のドライブに合わせた留学生のダォウダ ジャキテェ(2年)が得点を決めて40-39と逆転すると、さらに伊藤倭麻(3年)の鋭いパスをゴール下で受けたケイタ シェイク ボーバカー(3年)が強烈なダンクシュートを決めるなど勢いに乗った。

 ゴール下の留学生が厳しくマークされても、パワーフォワードの飯塚環(3年)が力強いパワープレーで制圧。飯塚は「八千代松陰は、自分がマッチアップしていた松井(裕也)選手が引退したので、自分のところで攻めるチャンスがあるはずと思って練習してきた。後半、インサイドでボールをもらって得点を重ねられたので、良い内容になった」と手ごたえを語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー