[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • えっ!トライ寸前に… 英ラグビーの“早すぎた歓喜”に地元紙辛辣「クレイジーだ」

えっ!トライ寸前に… 英ラグビーの“早すぎた歓喜”に地元紙辛辣「クレイジーだ」

ラグビーの本場、イングランドで守備ラインを突破しながら、逆転トライ目前で喜んだところを相手選手にボールを奪われるという前代未聞のミスが発生。

バースのフレディ・バーンズ(右)【写真:Getty Images】
バースのフレディ・バーンズ(右)【写真:Getty Images】

投げキスしてボール奪われる痛恨のミス、地元メディアも脚光「理解できない」

 ラグビーの本場、イングランドで守備ラインを突破しながら、逆転トライ目前で喜んだところを相手選手にボールを奪われるという前代未聞のミスが発生。しかも、試合は敗れる事態となった。大会公式が“トライ寸前の悲劇”の一部始終を動画付きで公開し、ファンに「アマチュア級のミスだ」などと衝撃が走っていたが、英メディアも脚光。「理解することはできない」「クレイジーな振る舞い」と辛辣に指摘している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 “トライ前の悲劇”が英メディアで反響を広げている。舞台は欧州チャンピオンズカップ、13日に行われたバース―スタッド・トゥルーザンの一戦。バースのフレディ・バーンズが悲劇の主人公になってしまった。

 20-22で迎えた後半34分に“事件”は起きた。ゴールライン目前まで攻め込み、チャンスを迎えると短いパスから突破したのはバーンズだ。鋭いスプリントで相手ディフェンスラインを切り裂き、一気に抜け出した。ボールを持ってフリーで独走。逆転は間違いなしと投げキスを決め、悠々とボールをタッチしようとした次の瞬間だった。

 背後から猛然とスタッド・トゥルーザンのマクシム・メダールが迫っていた。しかし、バーンズは気づかない。笑顔でようやくボールを降ろそうとしたところ手元を狙われ、ボールは無情にも転がってしまった。まさかの事態に騒然となるスタジアム。地面に突っ伏したバーンズは頭を抱え、何をやっているんだと味方に体を叩かれた。

 大会公式インスタグラムは「土曜日のこの瞬間は? 満足していたフレディー・バーンズだが、マクシム・メダールの標的に」とつづり、決定的瞬間を動画付きで公開。目の当たりにしたファンに「何という不幸」「これは酷い」「アマチュア級のミス」と衝撃が広がっていたが、地元の英メディアもスポットライトを浴びせている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー