[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • セリーナ暴言の主審、騒動後初戦で毅然判定 両軍から称賛「試合時間全て楽しめた」

セリーナ暴言の主審、騒動後初戦で毅然判定 両軍から称賛「試合時間全て楽しめた」

渦中のカルロス・ラモス主審は14日のデビス杯準決勝クロアチア―米国で騒動後初登場。毅然としたジャッジで両軍から称賛を浴びている。英地元紙「ガーディアン」が報じている。

デビス杯準決勝でのカルロス・ラモス主審【写真:Getty Images】
デビス杯準決勝でのカルロス・ラモス主審【写真:Getty Images】

ラモス主審がデビス杯のクロアチア―米国に登場、チリッチ「素晴らしかった」

 テニスの4大大会、全米オープンで世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)が制した女子シングル決勝で注目を浴びたのは、カルロス・ラモス主審だ。セリーナ・ウィリアムズ(米国)に対する警告を発端にセリーナから再三暴言を浴び、現地ファンからブーイングを浴びる事態となった。渦中のポルトガル人審判は14日のデビス杯準決勝クロアチア―米国で騒動後初登場。毅然としたジャッジで両軍から称賛を浴びている。英地元紙「ガーディアン」が報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 毅然とした判定を下しながら、取り乱したセリーナの暴言、ラケット破壊、号泣で注目を浴びることになったラモス氏。米国の英雄的存在であるセリーナ贔屓のファンからブーイングを浴び、波紋が広がっていたが、トップアンパイアの騒動後初登場は何かの縁か、米国代表戦だった。

 クロアチアのザダルで行われたデビス杯準決勝、クロアチアの世界ランク6位マリン・チリッチは米国代表の同40位のフランシス・ティアフォー相手に6-1、6-3、7-6でストレート勝ちを収めた。この試合でチェアアンパイアを務めたラモス氏は騒動の影響を感じさせなかったという。

 記事では「ラモスは時折、大騒ぎする観衆に注意し、何球かクレーコートのボールの跡をチェックするために椅子を降りた。それ以外は、試合にインパクトを与えなかった」と冷静な仕事をレポートしている。そして、この振る舞いは両軍の選手からも好感を得ることになったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー