[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 宇野昌磨が「試合を支配」 首位発進を伊メディア絶賛「恐ろしいほど凄まじいSP」

宇野昌磨が「試合を支配」 首位発進を伊メディア絶賛「恐ろしいほど凄まじいSP」

フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)が13日、開幕。男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)が104.15点でトップ発進を決めた。新ルールの適用で今季開幕前に得点記録がリセット。それでも自己ベスト104.87点に迫る好発進だ。現地メディアも「恐ろしいほど凄まじいSP」と称賛している。

平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨【写真:Getty Images】
平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨【写真:Getty Images】

圧巻の首位発進、宇野の演技を現地イタリアメディアが絶賛

 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)が13日、開幕。男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)が104.15点でトップ発進を決めた。新ルールの適用で今季開幕前に得点記録がリセット。それでも自己ベスト104.87点に迫る好発進だ。現地メディアも「恐ろしいほど凄まじいSP」と称賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 宇野は冒頭の4回転フリップを成功。続くコンビネーション、4回転―2回転トウループ、演技後半のトリプルアクセルはしっかりと決めた。2位のアンドレイ・ラズキン(ロシア)に15点以上の差をつけて貫録のトップ発進。イタリアのスポーツ専門メディア「OAスポルト」は「男子シングルのショウマ・ウノ、高得点演技で既に試合を支配」と3連覇へ好スタートを切った宇野の演技を高く評価している。

「男子シングルではショウマ・ウノが堅実にかつ絶対的な1位をもたらした。ロドリーゴ・イ・ガブリエーラの代表曲『天国への階段』の用いた恐ろしいほど凄まじいショートプログラムの後だった」

 記事ではこう伝え、宇野の演技をレポート。「これら全てのエレメントに+3や+4という高得点のGOEが付けられた」として、今季からの新ルールで11段階(+5~-5)となった出来栄え点(GOE)で早速3点以上の加点を得たことを伝えている。

「スピンや高難度のコンポーネンツを重ねた素晴らしい演技によって、このニッポン人スケーターは100点以上の成績で頂点を掴んだ。具体的には104.15(57.65、46.50)点をいきなり達成したのだ」

 過去2年連続で表彰台の頂点に立っている相性の良い大会。開幕前から現地の注目度も高いが、堂々の演技で銀メダリストらしさを存分に発揮している。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー