[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨が貫録トップ発進! 開幕前には現地紙で特集「一番期待されているのは…」

フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)が13日、開幕。男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)が104.15点でトップ発進を決めた。新ルールの適用で今季開幕前に得点記録がリセット。それでも自己ベスト104.87点に迫る好発進だ。友野一希(同大)は75.47点で5位。

平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨【写真:Getty Images】
平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨【写真:Getty Images】

宇野が2位に15点以上の差をつけて3連覇へ視界良好

 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)が13日、開幕。男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)が104.15点でトップ発進を決めた。新ルールの適用で今季開幕前に得点記録がリセット。それでも自己ベスト104.87点に迫る好発進だ。友野一希(同大)は75.47点で5位。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 3連覇へ向けて視界良好だ。冒頭の4回転フリップを成功。続くコンビネーション、4回転トーループ―3回転トウループは3回転が2回転となったが、演技後半のトリプルアクセルはしっかりと決めた。ミスはありながらも、2位のアンドレイ・ラズキン(ロシア)に15点以上の差をつけてトップ発進は貫録だ。

 開幕前にはイタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が「フィギュアスケートシーズン開幕 UNOがロンバルディアで輝く」と特集。「一番期待されているのは20歳の日本人選手、ショウマ・ウノだ。五輪、W杯の銀メダリスト。12か月前にもこの黄金の道を制覇していた」と紹介されるなど、現地での注目度も高かった。

 昨年の大会で自己ベストを叩き出した、相性の良い舞台。2018-19シーズンもまずは順調に滑り出した。

 フリーは15日に行われる。

(THE ANSWER編集部)

3/7~18【ダゾーン独占中継】BNPパリバ・オープン

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集