[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 深夜2時のナダル、死闘後に相手を労う抱擁に脚光 「最上級のスポーツマンシップ」

深夜2時のナダル、死闘後に相手を労う抱擁に脚光 「最上級のスポーツマンシップ」

テニスの全米オープンは4日(日本時間5日)、男子シングルス準々決勝を行い、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が同9位のドミニク・ティエム(オーストリア)に0-6、6-4、7-5、6-7、7-6で勝利。4時間49分の激闘を制し、4強入りを決めた。深夜2時まで行われた死闘後の抱擁シーンの一部始終を、大会公式ツイッターが公開。美しい光景がファンの称賛を集めている。

ラファエル・ナダル・【写真:Getty Images】
ラファエル・ナダル・【写真:Getty Images】

ナダル×ティエムの289分間の死闘後の抱擁シーンに脚光

 テニスの全米オープンは4日(日本時間5日)、男子シングルス準々決勝を行い、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が同9位のドミニク・ティエム(オーストリア)に0-6、6-4、7-5、6-7、7-6で勝利。4時間49分の激闘を制し、4強入りを決めた。深夜2時まで行われた死闘後の抱擁シーンの一部始終を、大会公式ツイッターが公開。美しい光景がファンの称賛を集めている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 深夜2時過ぎまでの死闘。最後はナダルがタイブレークの末に勝利を収めると、2人は歩み寄り固く抱擁を交わした。約7秒間、言葉を交わしながら、お互いの健闘をたたえ合っている。最後はナダルがティエムの頭をポンポンとなで、労った。そこにはコート上でぶつかりあった者にしかわからない、相手へのリスペクトがあった。

 大会公式は「最上級のスポーツマンシップ…死力を尽くして戦ったナダルとティエムに敬意を」と題して、2人の抱擁のシーンを動画で公開。テニスファンの胸を打った様子だ。

「コートの内外両方で真のチャンピオン」
「ナダルだから驚かないよ。素晴らしい試合だった、もしかしたらマッチ・オブ・ザ・イヤーかも」
「私のアイドルがなぜナダルなのか、その理由がこれ」
「今大会のベストゲームとなるだろう。両者にリスペクトを…」
「ドミニクもまた勝者だ。テニスのスコアは残酷だ」
「2人の戦士に敬意を。コートで全てを出し切り、私達が長い間忘れられない試合を見せてくれた」
「両者ともに素晴らしい」

 2人の姿に、そしてナダルの敗者を労う姿に称賛が降り注がれていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー