[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平は「クレイジー」 左腕打ちの特大弾に現地解説も大興奮「本当に驚くべき男」

大谷翔平は「クレイジー」 左腕打ちの特大弾に現地解説も大興奮「本当に驚くべき男」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。6回の第3打席で右中間席へ16号ソロを叩き込んだ。チームは2-4で敗戦したが、苦手な左腕からの初の一発を現地実況席はどう伝えたのか。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

左腕からの一発に現地実況席も興奮

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。6回の第3打席で右中間席へ16号ソロを叩き込んだ。チームは2-4で敗戦したが、苦手な左腕からの初の一発を現地実況席はどう伝えたのか。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 大谷がついに左腕から打った。1-4の6回先頭で迎えた第3打席、バットが火を噴いた。2ボール1ストライクからの4球目、左腕マイナーの86.4マイル(約139キロ)の外寄りのスライダーを完璧に捉えた。高々と舞い上がった打球は右中間席へ。サウスポーからの記念すべき1号弾は、飛距離413フィート(約125.9メートル)の完璧な一撃だった。

 試合前まで、右腕相手には打率.311、15本塁打、41打点だが、左腕相手には打率.177、0本塁打、2打点と苦手としていた。左腕アレルギーを克服する豪快弾に現地実況席は「クレイジーだ」と驚愕している。

 試合を中継していた「FOXスポーツ1」の実況は「左投手から初ホームラン、シーズン16本目です!」と興奮気味に伝えると、解説者は続けて「そして、クレイジーなのはバットから放たれたボールの音がそれほど良くはなかったことです。これはショウヘイ・オオタニがどれほどのパワーの持ち主かを想像できます。彼は本当に驚くべき男です!」と衝撃の大きさを伝えている。

 大谷のホームランと言えば、どれも飛距離十分で悠々とスタンドインさせている。まさに有り余るパワーを証明し続けているが、この日も左腕相手にも圧巻の打棒を見せつけた。シーズン終盤を迎えているが、ここからさらに量産しそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー