[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、面白すぎる“ナオミ語録”を英BBCが特集「印象残すのは初めてではない」

大坂なおみ、面白すぎる“ナオミ語録”を英BBCが特集「印象残すのは初めてではない」

テニスの全米オープンは3日(日本時間4日)、女子シングルス4回戦で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が同20位のアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)を6-3、2-6、6-4で下し、自身初の8強進出を決めた。試合後に「自分の脚を折っても、どんなボールにも追いつかなければいけない」と明らかにした20歳の決意表明に、英公共放送「BBC」も注目。「勝利者インタビューで印象を残すのは初めてではない」とカラフルな“ナオミ語録”を特集している。

全米オープンで自身初の8強進出を決めた大坂なおみ【写真:Getty Images】
全米オープンで自身初の8強進出を決めた大坂なおみ【写真:Getty Images】

初の8強進出後、コート上でのインタビューで新たな“語録”を披露

 テニスの全米オープンは3日(日本時間4日)、女子シングルス4回戦で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が同20位のアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)を6-3、2-6、6-4で下し、自身初の8強進出を決めた。試合後に「自分の脚を折っても、どんなボールにも追いつかなければいけない」と明らかにした20歳の決意表明に、英公共放送「BBC」も注目。「勝利者インタビューで印象を残すのは初めてではない」とカラフルな“ナオミ語録”を特集している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 サバレンカとの激闘を制した大坂は準々決勝で世界ランク36位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)と対戦することが決まった。

 勝利の直後、コート上で観衆に挨拶しながら涙を流した大坂。「(負けていたら)自分を許せなかった。全てのポイントで頑張らなければいけないとだけ考えていた。たとえ、脚を骨折しても、どんなボールにも追いつかなければいけない」と悲壮な覚悟を明かしていた。

 以前から飾らない天真爛漫なキャラクターで海外からも人気を集める大坂。BBCも「米国での勝利後のスピーチでオオサカが印象を残したのはこれが初めてではない」と注目。過去のカラフルな“ナオミ語録”を特集している。記事では3月のBNPパリバ・オープンで優勝を果たした後は「史上最悪の受賞スピーチ」と自虐コメントで観衆の爆笑を誘ったことを紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー