[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ヤングなでしこ、決勝進出にFIFA公式も賛辞「日本の組織がイングランド沈黙させた」

ヤングなでしこ、決勝進出にFIFA公式も賛辞「日本の組織がイングランド沈黙させた」

サッカーのU-20女子ワールドカップ(W杯)フランス大会は20日、準決勝で日本がイングランドを2-0で下し、初の決勝進出。躍進を遂げるヤングなでしこをFIFA公式サイトも特集。「日本の組織がイングランドを沈黙させた」と賛辞を送っている。

ヤングなでしこをFIFA公式サイトも特集している【写真:Getty Images】
ヤングなでしこをFIFA公式サイトも特集している【写真:Getty Images】

イングランド撃破で初ファイナルへ、特集には「Young Nadeshiko」のフレーズも

 サッカーのU-20女子ワールドカップ(W杯)フランス大会は20日、準決勝で日本がイングランドを2-0で下し、初の決勝進出。躍進を遂げるヤングなでしこをFIFA公式サイトも特集。「日本の組織がイングランドを沈黙させた」と賛辞を送っている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 ヤングなでしこの快進撃が止まらない。まずは前半22分、FW植木理子が右足で豪快にミドル弾を突き刺すと、直後の27分にはMF遠藤純がシュートを跳ね返りを頭で押し込み、追加点。以降はGKスタンボー華を中心とした組織的な守備でイングランドの攻撃を封じ、ついにファイナルに辿り着いた。

 FIFA公式サイトは「日本パワーがイングランドを通過し決勝に届いた」と見出しを打って特集。植木と遠藤の2ゴールで勝利した試合展開を伝えた上で「ヤングナデシコは前半に印象的な姿を見せた」と英語で「Young Nadeshiko」と表現しながら称賛。さらに「日本は試合をコントロールした」「日本の組織と仕事ぶりはイングランドを沈黙させ、準決勝で敗退に追い込んだ」と報じた。

 今大会は準々決勝でドイツに勝利後、FW児野楓香がショックで起き上がれない相手選手を労うスポーツマンシップの姿勢が海外から称賛を浴びるなど、プレー以外にも輝きを放っているヤングなでしこ。24日(日本時間25日)に行われる決勝ではスペインと激突する。果たして、世界一の称号を手にできるか。注目の戦いとなる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー