[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大迫勇也は「ヘディング・モンスター」 鮮烈デビュー弾を現地紙絶賛「強烈パワー」

大迫勇也は「ヘディング・モンスター」 鮮烈デビュー弾を現地紙絶賛「強烈パワー」

海外サッカードイツ1部ブンデスリーガのブレーメンの日本代表FW大迫勇也が公式戦デビュー戦でヘッド弾を決めた。現地メディアも「ヘディング・モンスター」と続々と称賛している。

ブレーメンの日本代表FW大迫勇也【写真:Getty Images】
ブレーメンの日本代表FW大迫勇也【写真:Getty Images】

大迫の公式戦デビュー弾に現地メディアも続々絶賛

 海外サッカードイツ1部ブンデスリーガのブレーメンの日本代表FW大迫勇也が公式戦デビュー戦でヘッド弾を決めた。現地メディアも「ヘディング・モンスター」と続々と称賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 やっぱり半端ない。大迫が鮮烈デビューを飾った。18日に行われたドイツ杯1回戦・4部のヴォルムス戦の前半9分だ。左サイドからの距離のあるFK。後ろからの難しいボールを、大迫はドンピシャのタイミングで頭で合わせた。GKが飛びつくが触れない。鮮やかな先制ヘッド弾をゴール右隅に決めて見せた。

 この一発が口火となりチームは6発快勝。チームを勢いに乗せた大迫のデビュー弾を現地紙も続々と称賛している。独紙「ビルト」は「またセンタリングからゴール オオサコがブレーメンのヘディング・モンスターに」と見出しをつけて特集。

「空中の強烈パワー。ブレーメンのニューカマー、ユウヤ・オオサコが好スタートを切った。ケルンから600万ユーロ(約7億6000万円)で加入したオオサコは、ブレーメンで初めての公式戦で先制のヘディングゴール」

 記事では、1週間前のプレシーズンマッチのビジャレアル戦でも頭で決めていること、またW杯のグループリーグ初戦のコロンビア戦でもヘディングで決勝のゴールネットを揺らしていることを紹介している。

「オオサコの身長は“わずか”182センチ。チームに合流してまだ3週間半だが、ヴォルムス戦でスタメン出場すると、右サイドで結果を残した。(スタメンの)本命と見られていたミロト・ラシカは指をくわえて見るしかなかった…」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー