[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • こんな錦織を全米でも見たい 極上ダウンザラインが「大会10大メガショット」選出

こんな錦織を全米でも見たい 極上ダウンザラインが「大会10大メガショット」選出

男子テニスのW&Sオープンはノバク・ジョコビッチ(セルビア)の優勝で幕を閉じたが、ATP公式中継サイト「テニスTV」は「大会10大メガショット」を選出。錦織圭(日清食品)が1回戦で見せた極上のダウンザラインもノミネートし、動画付きで紹介している。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

W&Sオープン1回戦で見せた一打をテニスTVが「大会10大メガショット」に選出

 男子テニスのW&Sオープンはノバク・ジョコビッチ(セルビア)の優勝で幕を閉じたが、ATP公式中継サイト「テニスTV」は「大会10大メガショット」を選出。錦織圭(日清食品)が1回戦で見せた極上のダウンザラインもノミネートし、動画付きで紹介している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 こんな錦織を全米オープンでも見たい。圧巻のショットを披露したのは、1回戦のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)戦。第1セット、2-0とリードした第3ゲームだった。

 渾身の力でクロスに放ったサーブをルブレフは鋭い角度をつけ、コートの対角線に向けて鮮烈なリターンを返した。右サイドに猛然とダッシュし、なんとか追いついた錦織。ただ、体勢は崩れている。しかし、次の瞬間だ。両足で踏ん張り、ストレートに放ったショットはサイドラインすれすれにピタリ。これにはルブレフも追いつけなかった。

 不利な体勢から放った一撃に思わずどよめく会場。実況も感嘆の声を上げた。当時はATPツアーは「ニシコリによる規格外のスキル」、テニスTVも「OH MY KEI」と動画付きで感嘆ツイートを発信していた。

 そして、テニスTVは大会を終えて「メガウィークから10本のメガショット。どれがあなたのお気に入り?」とつづり、“大会10大メガショット”を公開。フェデラーとワウリンカの32秒ラリーなど、大会を彩ったスーパーショットとともに錦織の一打もノミネートしている。

 大会は2回戦で敗退したが、見せ場も作った錦織。今季4大大会最終戦、全米オープンではどんな戦いを見せるのか。幕開けが迫っている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー