[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 初8強の井上・金子組、謙虚な言葉の裏にのぞく自信「しれっとやる方が合っている」

初8強の井上・金子組、謙虚な言葉の裏にのぞく自信「しれっとやる方が合っている」

バドミントンの世界選手権は2日に中国・南京市ユースオリンピック公園アリーナで第4日を行い、男子ダブルスの井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)は3回戦でインドネシアのペアを破り、初の8強入りを果たした。

男子ダブルスの井上拓斗、金子祐樹組【写真:大会公式サイト】
男子ダブルスの井上拓斗、金子祐樹組【写真:大会公式サイト】

初出場の前回を超える8強入り「いつも通りやれば来るだろうと」

 バドミントンの世界選手権は2日に中国・南京市ユースオリンピック公園アリーナで第4日を行い、男子ダブルスの井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)は3回戦でインドネシアのペアを破り、初の8強入りを果たした。初出場の前回大会は16強。一つ駒を進めたが、特に感慨はないようだった。金子は「ここまでは来なければいけないところだと思っていたので、特には、ないです」と涼しい表情で話し、井上も「第7シードを持っていたので、いつも通りやれば来るだろうと思っていた」と自負をのぞかせた。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 第1ゲームは、21-11で余裕を持って制したが、第2ゲームは終盤の接戦を物にできず、20-22で落とした。ファイナルゲームも終盤まで競ったが、最後は21-16と突き放した。金子は「相手が疲れた中で攻撃の形に持って行けたのが、逆転のポイントだと思う」と話した。

 2人は、五輪の出場経験がなく、世界選手権も前回が初めて。まだ大舞台の経験は少ない。しかし、昨年のダイハツヨネックスジャパンオープンで決勝に進出するなど、これまでも強敵を破る活躍を見せている。男子ダブルスでは、前回銅メダルの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が先に勝っており、2大会連続のメダル獲得にリーチをかけた。ただ、井上、金子も同じステージまで勝ち上がっており、メダル獲得に挑む立場に立った。金子は「目立たなくて良い」と言いながらも「周りを気にしない。昨年、ソノカム(園田、嘉村)がメダルを取っているけど、その後の11月の大会(香港オープン)でソノカムが負けた相手(インドネシアのモハマド・アッサン、リアン・アグン・サプトロ組)に勝ったり、世界選手権で優勝したペア(中国の劉成、張南組)に勝ったり。多分、知られていないだけで、自分たちの中で手応えはあるので、そんなに周りを気にしていない」と対抗心を見せた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー