[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 常山幹太に漂うブレイクの予感 因縁の相手撃破で16強「自分だけ負けるのは嫌」

常山幹太に漂うブレイクの予感 因縁の相手撃破で16強「自分だけ負けるのは嫌」

西本が勝ち、桃田が勝った。オレだけ置いていかれるのは、御免だ。バドミントン世界選手権は1日、中国・南京市ユースオリンピック公園アリーナで第3日を行い、男子シングルスの常山幹太(トナミ運輸)は、2回戦で第12シードのアンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア)をストレート(21-17、21-13)で破ってベスト16入りを果たした。

常山幹太【写真:大会公式サイト】
常山幹太【写真:大会公式サイト】

世界選手権、西本&桃田に続く勝利「あの2人が先に勝っていたので」

 西本が勝ち、桃田が勝った。オレだけ置いていかれるのは、御免だ。バドミントン世界選手権は1日、中国・南京市ユースオリンピック公園アリーナで第3日を行い、男子シングルスの常山幹太(トナミ運輸)は、2回戦で第12シードのアンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア)をストレート(21-17、21-13)で破ってベスト16入りを果たした。男子シングルスでは、先に試合を行った西本拳太(トナミ運輸)、桃田賢斗(NTT東日本)が勝利を挙げて16強入り。常山は「あの2人が先に勝っていたので、自分だけ負けるのは、本当に嫌だったので、勝ちたい気持ちでいっぱいでした」と負けん気を発揮した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ネット前への配球が多い相手のパターンを研究し、素早くネット前に足を運んでクリアを打つ戦術が奏功した。ネット際でシャトルが低い位置に落ちる前にラケットで捉え、相手コート奥へと返球すると、後ろに戻りながら打つ相手の球が甘くなり、常山のペースとなった。それでも第1ゲームは11-7から17-17まで競り合う形に持ち込まれたが、終盤は相手の球がアウトになる形で得点を重ねて逃げ切った。第2ゲームは、反省を生かして一定のスピードを保ち、追いつく隙を与えなかった。前後に揺さぶられてフットワークが鈍った相手にドロップショットを送り込み、マッチポイントを物にした。

 相手は、最新の世界ランクで12位。27位の常山にとっては格上で、6月のマレーシアオープンでは、日本のエース桃田を敗戦寸前に追い込んだ危険な相手だ。しかし、同じ1996年生まれの22歳で、ジュニア世代から対戦している同世代。臆するところは、なかった。常山は、開口一番「やってやったぞ、と」と言って笑顔を見せた。特に4年前に同じ南京市で開催された第2回ユースオリンピック競技大会では、準々決勝でギンティンに敗れている。「ここで負けたので、ここで勝ったからめちゃくちゃ嬉しいです」と雪辱を喜んだ。

 常山は、ノッている。日本のファンには、5月の国別対抗戦トマス杯での健闘が記憶に新しい。団体戦の世界一を目指した日本は、準決勝で前回王者のデンマークと対戦。2つのシングルス、2つのダブルスで星を取り合って迎えた第3シングルスに起用された常山は、ヤン・O・ヨルゲンセンを撃破し、日本を決勝進出に導いた。緊張感高まる舞台で勝利を挙げた若者は、7月のタイオープンで優勝。本人は「勢いがあるかどうかは……」と話すが、勢いは世界選手権につながっている。本来なら、次戦の相手候補は、世界ランク2位のリー・チョンウェイ(マレーシア)だったが、欠場。ノーシードのフランス人選手と対戦する。勢いと幸運を生かし、さらに勝ち上がりたいところだ。「調子は良いと思うので、あとは自信を持って出来るかだと思います」と話した常山にブレイクの予感が漂っている。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー