[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レブロン「彼らの夢はアメリカより大きい」 NBAスターが故郷に学校を建てた理由

米プロバスケットボール(NBA)のスーパースター、レブロン・ジェームズ。レイカーズに所属する33歳が故郷に学校を設立したという。レイカーズ公式サイトが伝えている。現役選手にして学校を建てる目的は何か――。

レブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】
レブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】

貧困故郷に学費、制服、自転車、朝食など無料の学校設立「彼らは私たちの未来でもある」

 米プロバスケットボール(NBA)のスーパースター、レブロン・ジェームズ。レイカーズに所属する33歳が故郷に学校を設立したという。レイカーズ公式サイトが伝えている。現役選手にして学校を建てる目的は何か――。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「I Promise Schoolは地元アクロンの学生にチャンスを提供する」。レイカーズ公式サイトはこう見出しを打って特集している。

「レブロン・ジェームズは様々なNBAのタイトル、MVP、オリンピックなどの金メダルを獲得してきた。しかし、彼の基金が学校『The I Promise School』を設立する前日、彼はこれが自信にとって『自分の人生における、最も素晴らしい瞬間の一つ』とツイッターで発信した」

 このようにつづり、ジェームズが故郷に学校を設立したことを紹介している。その充実ぶりは目を見張るものがある。

 記事内で紹介された学校の詳細によると、学費無料、制服無料、自転車とヘルメット無料、2マイル(約3.2キロ)以内の送迎無料、朝食、ランチ、スナック無料、家族向けの食料庫無料、保護者向けの職業斡旋とGED(高卒認定試験)サービス、卒業生がアクロン大へ進学する際の学費保障があるという。これを見るだけでも、ジェームズの思いが伝わってくる。

 記事では本人のコメントも伝えている。「『なんで学校?』とみんなが聞いてくるんだ」と言った上でこう明かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集