[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 痛恨ハンドのピケ、スペイン紙が決定的瞬間公開に反響 「明らかなPK」「故意でない」

痛恨ハンドのピケ、スペイン紙が決定的瞬間公開に反響 「明らかなPK」「故意でない」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は1日、決勝トーナメント1回戦でスペインがロシアに1-1(PK3-4)で敗れ、16強でまさかの敗退を喫した。痛恨だったのは前半39分のDFジェラール・ピケがエリア内でハンドを犯し、PKを献上したシーン。スペイン紙「マルカ」の公式ツイッターがボールがはっきりと手に当たっている決定的瞬間の写真を公開。地元サポーターの賛否両論を呼んでいる。

痛恨のハンドでPKを献上してしまったピケ【写真:Getty Images】
痛恨のハンドでPKを献上してしまったピケ【写真:Getty Images】

スペイン紙がピケのハンドの決定的瞬間を公開

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は1日、決勝トーナメント1回戦でスペインがロシアに1-1(PK3-4)で敗れ、16強でまさかの敗退を喫した。痛恨だったのは前半39分のDFジェラール・ピケがエリア内でハンドを犯し、PKを献上したシーン。スペイン紙「マルカ」の公式ツイッターがボールがはっきりと手に当たっている決定的瞬間の写真を公開。地元サポーターの賛否両論を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 痛恨の場面は前半39分だ。右CKからロシアFWアルテム・ジュバのヘディングシュートをDFジェラール・ピケがペナルティーエリア内でハンドの反則を犯してしまった。ジュバに対してピケは背を向けているが、明らかにバレーのブロックのように左手を伸ばしており、これはハンドを取られても仕方のない場面だろう。

 マルカがアップした1枚を見ればよく分かる。

「疑いはない“ピケの明らかなPK” 手を頭より上にあげた、とラジオマルカのアンドゥハル・オリバーが語る」

 同紙はこうツイートし、決定的瞬間を公開。コメント欄には「PKではない」「明らかなハンドではあるが、背中を向けてるから故意ではない」「これは取るべきではない…」などと同情的な書き込みが多かったが、中には「明らかなPK」と擁護できないとの書き込みも。ツイッター上でも「あれはわざと」「不用意」「なぜ手を挙げるのか」という意見も上がるなど、賛否が分かれている。

 このプレーで献上したPKを決められ追いつかれると、その後も圧倒的にボールを支配しながらも、決め手を欠き敗退したスペイン。2点目を取れなかったことが敗因ではあるが、このピケの、不用意と言わざるを得ないプレーが試合を左右したのは間違いない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー