[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア女子、日本勢唯一の本郷がSP2位も反省 「転倒が一番、悔しい」

冬季アジア大会は23日、フィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)が真駒内公園屋内競技場で行われ、本郷理華(邦和スポーツランド)は60.98点で2位。坂本花織(神戸クラブ)の欠場により、日本勢唯一の出場となった20歳は25日にフリーで逆転Vを狙う。

坂本の欠場で単独出場でトップと0.32点差、フリーで逆転Vへ

 冬季アジア大会は23日、フィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)が真駒内公園屋内競技場で行われ、本郷理華(邦和スポーツランド)は60.98点で2位。坂本花織(神戸クラブ)の欠場により、日本勢唯一の出場となった20歳は25日にフリーで逆転Vを狙う。

 この日、一番の大歓声に送られ、本郷は銀盤を舞った。2つ目のコンビネーションジャンプで1度転倒。「転倒してしまったことが一番、悔しい。焦って飛び急いでしまった。いい演技だったかというと考えないといけない」と自己評価は厳しかったが、それ以外はしっかりとまとめた。

 四大陸選手権では10位と精彩を欠いた。「ショートプログラムでビビって失敗してしまった。反省を生かして思い切ってやろう」と挑んだ今大会。「ジャンプの失敗以外はやるべきことができた。四大陸よりも思い切って滑ることができた」と掲げた目標を一つクリアし、収穫も口にした。

 今大会は股関節疲労骨折の宮原知子(関大)に代わり、出場予定だった坂本がインフルエンザで前日22日に欠場が決まった。「日本人が一人になってさみしいと思ったけど、花織ちゃんの分も頑張ってチームジャパンとしていい成績を残したい」と意気込んだ。

 四大陸選手権では17歳の新星・三原舞依(神戸ポートアイランドク)が200点超えで優勝。宮原に次ぐ次世代のエース候補が誕生し、平昌五輪へ向けた競争は激しくなる。

 25日のフリーでは首位のチェ・ダビン(韓国)をわずか0.32点差で追い、逆転は十分可能。「日本での国際大会は初めてでどんな感じかと思っていたけど、声援が大きくてうれしかったし、力になった。フリーでは納得できる演技がしたい」と表情を引き締めた。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集